FC2ブログ

Mercedes CLK-GTR #10

フェルナンド・アロンソが遂にF1を去るそうですな。歴代のグレートドライバーと比較して彼がどのくらいのドライバーか、というのはまたそれぞれに意見の分かれるところではありましょうが、2000年代を代表するドライバーであることに疑問の余地はありません。ルノーを駆る若手アロンソと、連覇を続ける不動の王者シューマッハーの対決は当時の見ものでありました。確かに年齢は重ねたものの、まだまだトップレベルのファイターである彼をもってしても現代F1ではマシンのポテンシャルで結果が左右されすぎてしまうことに遂にウンザリしたんでしょうねぇ。次のフィールドはどうなるのかまだ解りませんが、インディカーにしろWECにしろ、大いに話題になることは間違いないと思われます。私的には是非ともインディカーでロードサーキットのレースを走るアロンソを見てみたいものであります。久々に彼のファイティングスピリッツ溢れる走りが見れそうですもんね。

070213clk.jpg
エンジン工作の続きであります。ファンネルはタメオのヤツを使おうと思ったんですが、微妙にサイズが合わずに断念。しょうがないので作ることにいたしました。写真のような簡単な治具を作って作ります。左のヤツは少し寸足らずですが、ここから少しずつ治具を微調整してイイ感じにします。

070204clk.jpg
エンジン前側のパイピングやら展示用にカットされた短いエキゾーストやらを作って組付けます。

070206clk.jpg
クラッチっぽいのも作っておきましょう。実車はおそらくZFあたりのトリプルプレートでしょうか。

070202clk.jpg
ということで何となくエンジンは完成。

肝心の本体の方も諸々のパーツを組付けまして何とか完成いたしました。ギャラリーに載せるかイマイチ迷いましたが、ギャラリーのファイル更新も久し振りに練習することにしまして、今回はアップいたしました。よろしければCLUB ACCEL Galleryからどうぞ。さて、お次はリハビリ第3弾といたしまして、フォーミュラをやってみましょうかね。
スポンサーサイト

Mercedes CLK-GTR #9

さて、世の中はそろそろお盆休みの時期になりましたが皆様は如何ですか?私も一応休みに突入いたしまして、本日はラクーンさんへパーツの補充に行ってまいりました。道中対向車線の伊勢湾岸道下り線は大渋滞、長嶋スパーランドや何やかや言いながらレゴランドへ遊びに行く人は多いようですな。帰り道を少々心配しましたが午後も遅かったので渋滞は無し。代わりに名古屋市内の強烈なゲリラ豪雨に遭遇いたしまして、ガラスが割れるんじゃないかと心配になるほどバチバチ叩きつける雨粒にビビりました。

062508clk.jpg
ボディはクリア、研ぎ出しまで完了しました。慎重にチェックしたおかげでシルバリングも無し、ホッとしております。

070220clk.jpg
エンジンパーツも加工していきます。キットでは前面や側面はオミットされた部分が殆どですので、数少ない資料写真を見ながらそれらしくします。

0702018clk.jpg
補機類とかカムプーリーのでっぱりとか…

070207clk.jpg
エキゾーストのフランジやらドライサンプのブロックやらを作ります。

Mercedes CLK-GTR #8

とんねるずの石橋さんがMCの番組「たいむとんねる」が最近お気に入りです。視聴率はイマイチらしいですが、石橋さんと私はほぼ同世代ですので、懐かしいテーマが多くて面白いです。芸能やスポーツに関したモノが多いんですが、私からのリクエストとしまして
「昭和の小学校 私のクラスに存在した謎のローカルルール」
「セレブ小学生の証し きらきらフラッシャー&5段変速付自転車」
「どうしてもムリ!これだけは食えなくて先生にぶっ飛ばされた給食メニュー」
「学研 科学と学習 あのふろくは熱かった」
というのを取り上げて頂きたいところです。やや小学校に偏ってはおりますが、今思うとバカバカしくて面白いことが一番多かったような気がします。番組プロデューサー殿、ひとつ宜しくお願い致します。

060516clk.jpg
塗装にかかります。サフはラッカーで済ませました。研ぎを入れて綺麗にしておきます。

062501clk.jpg
ブルーは少々悩みましたがクレオスの普通のブルーとフィニッシャーズのブルツブルーで調色しました。

062503clk.jpg
乾燥後はデカールにかかります。大判デカールのチリを合わせるのが少々厄介ですが、何とかそれらしくなりました。

062505clk.jpg
乾燥待ちの間にインテリアを進めます。インパネは少々パーツを追加する程度で終了。

070212clk.jpg
作り直したパーツやら何やらを組付けます。


Mercedes CLK-GTR #7

「外国人技能実習制度」ってのがあります。細かく説明すると長くなりますので割愛致しますが、簡単に言いますと海外の若者が数年間、日本の様々な産業に従事して技術や知識を身に着け、帰国後にそれらを生かして母国の発展に寄与しましょう、というものであります。この制度を利用しまして、我が社にも先月から3名のベトナム人青年がやってまいりました。何せ外国人の受け入れは全くの経験なし、どうなることやら心配しましたがとにかく彼等は真面目で誠実でして、今のところ予想を上回る好印象であります。一応日本語は勉強してきてはいるものの、ここ三重県の関西弁に近いネイティブな訛りはなかなか難解らしく、まだコミュニケーションは思うようにいかないこともありますが、少しずつ関西弁を仕込んでやろうと思っております。あと、材料費こっち持ちで本場のフォーを作ってもらう約束をしましたので、これは楽しみですな。

060506clk.jpg
工作であります。今回ランプのレンズはUVレジンで作ってみました。作った雌型にレジンを流し込み、UVランプを照射するだけなんですが、硬度・透明度とも問題無し、この状態から加工して薄い凸レンズ状にします。

060507clk.jpg
こんな感じであります。クリア前に組み付けて、ボディーと一緒にコートします。

060509clk.jpg
地味な部分ですがインテークもエッチングからメッシュに変更しましょう。

060510clk.jpg
このキット、他のバージョンではバックウィンドウガラスが有ってエンジンが見える作りになっておりますので、エンジンパーツが入っています。この車には不要なんですがちょっと勿体ないのでオマケでエンジンのみ作って飾れるようにしましょう。

060511clk.jpg
まず、インダクションボックスは使わないことにしましたので、ボックスの下部のパーツを作ります。エポキシパテで粘土工作。

060512clk.jpg
こんな感じのものを作ります。

060513clk.jpg
パテですとやや強度が不安ですのでレジンに置き換えることにしました。お手軽にブルーミックスで型取りであります。

060514clk.jpg
パカッと開けて出てきた状態。

060515clk.jpg
バリなどを処理しました。右側がレジンのパーツです。


Mercedes CLK-GTR #6

台風の影響で一時はどうなるかと思われましたが今年も鈴鹿8耐が開催されました。スコールみたいな雨が降ったり止んだりする天候の中、荒れた展開になったようですが結構盛り上がっていたようであります。この8耐、一時はかなり観客数も減って寂しい感じになっていましたが、最近また少し盛り返してきたようで、週末鈴鹿に向かうバイクや県外ナンバーの車を沢山見かけました。各メーカーもかなり力を入れてきていますので、モトGPだけじゃなくて、スーパーバイクもこれから面白くなりそうですな。

060504clk.jpg
作業の方はまたインテリアであります。幾つかパーツを追加製作しましてこのくらいにすることにいたしました。

060501clk.jpg
ホイールはBBRの標準的なパーツ構成です。プレスの入ったディスクはなかなかキレイ。キャリパーがペラペラなのでちょっと寂しい感じです。

060502clk.jpg
アルミを貼り付けて立体的にします。APレーシングの文字もリアルでよろしい。

060503clk.jpg
こうなります。やっぱりキャリパーはディスク面に近い方が良いですな。

053027clk.jpg
ミラーはデカいので彫り易いです。
プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR