スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mercedes W01 #2

前回の続きです。

050204w01.jpg
ボディーはウレタンサフを塗装後、シルバーを吹きました。今回はどんなシルバーにするか、デカールの色を見て考えましたが、フィニッシャーズのブライトシルバーに致しました。デカールのシルバーと離れすぎず、かつ少し明るい感じを目指しました。乾燥後は早速デカールにかかりますが、このキットのデカールも最近のタメオキットですので非常になじみやすく、大きなものでも比較的貼りやすかったです。台紙からボディーに乗せた時はこんな感じですが、ソフターがよく効きますので綺麗になじみます。

050205w01.jpg
デカール完了であります。

050207w01.jpg
デカール後は一旦ウレタンクリアを吹きます。硬化後に研ぎ出し、最後は半ツヤクリアーで仕上げます。

050206w01.jpg
ウレタンの硬化待ちの間に他のパーツを組んでいきます。このようにある程度ユニット化して塗装~組み立てをしますと精度よく組み立てられます。

050208w01.jpg
クリアーのパーツも研ぎ出し・半ツヤクリアーも完了しまして、あとは組み立てであります。

050209w01.jpg
今回エキゾーストは塗装でそれらしく。出も完成すると殆ど見えなくなります。

050210w01.jpg
ここら辺りはパチパチと組んでいけばOK。仮組みをきちんとしておけば特に問題なく進行いたします。

050211w01.jpg
最近のF1でよくある小さなスクリーンですが、一気に切り離さずに1辺ずつ仕上げていきます。

050212w01.jpg
ということで無事完成いたしました。最近のタメオは昔みたいに微妙な車高出しなどがあまり要りません。そのまま組めばほぼ90%はきちんとアライメントが出ますので初心者の方でもとっつきやすいと思います。今回少しだけ手を入れましたのはシートベルト、ミラー、カウルファスナ、エアバルブといった一般的なものばかりで、さほど手はかかりません。完成画像は一応ギャラリーにアップいたしました。そういえば例年恒例の「あのチャンピオンカー」も間もなくキットが出そうな雰囲気ですよ。
スポンサーサイト

Mercedes W01 #1

ミウラを開始したばかりなんですが、せっかくのGW、昨年の夏休みと同様に何とかこの連休中に1台完成させるべくチャレンジいたしました。結果はギュッと集中して作業いたしまして6日で完成いたしました。キットはタメオのメルセデスW01であります。ニコ・ロズベルグもめでたく初優勝したことだし、F1には珍しいツヤの無いマットな塗装も珍しくて面白いんではないかと。ということで、最近のタメオキットの私なりの作り方を2回に分けてご紹介したいと思います。

042801w01.jpg
キットはこんな感じで至って普通のパーツ構成であります。今回は時間がありませんので面倒な追加工作は致しませんが、タメオレギュラーコースの処理だけはやろうと思います。

042803w01.jpg
一応こういうところは掘りますが、この車はインダクションポッドの中にロールバーがありますのでちょいと骨が折れました。

042804w01.jpg
リヤ周りのパーツ処理と仮組みであります。各部のエッジ処理のみにとどめております。

042805w01.jpg
同じくフロント。リヤと同じ工作であります。

050202w01.jpg
フロントウィングはメインエレメントとウィングレットは組んでから塗装いたします。翼端板はブラックですので今回は塗装してから組むことにいたします。このあたりの組み立てはすべてハンダで行います。

050203w01.jpg
塗装にかかる前にデカールをよく確認して何をどんな順番で塗装するか考えます。インストではノーズの先端をブラックで塗るように指示がありますが、ちゃんとデカールがありますので塗らなくても大丈夫であります。独特なカラーリングのこのマシン、ほぼ全面にデカールを貼ることになりますが、一部大きなデカールやラインデカールは適当な位置でいくつかに分割して貼っていこうと思います。
プロフィール

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。