スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ferrari 126CK #17

一昨日、ひょんなことから会社のある施設周辺の草刈りをする羽目になりました。道具はカマ一丁でしたが、作業前にグラインダーで研ぎを入れまして切れ味も抜群、快調に作業を進めておりました。で、ちょいと深い草むらに近づきましたら何やら不気味な羽音が!気が付いたらやる気満々のスズメバチ5~6匹に包囲されておりました。恐らく近くに巣があるのに気付かずに私が不用意に接近したもんですから、すわ一大事!と攻撃にやってきたようです。咄嗟にきびすを返してその場を離脱しましたが、不覚にも右手中指先端を刺されてしまいました。結構痛かったんですが、すぐさまギュッとつまんで毒を排出、さらに口でこれでもか!っていうくらい吸い出しました。おかげで少し腫れた程度ですみましたが、スズメバチといいますとアナフィラキシー・ショックとか恐ろしい症状もありますので、皆様も気を付けてくださいね。

093004126ck.jpg
さて工作であります。前後ウィングも無事取付け完了であります。

093005126ck.jpg
いよいよタイヤ。当初ロゴも印刷されてナイス!なんて喜んでたんですがよく考えたらCKはミシュランじゃん!グッドイヤーは82年からでしたね。久々のタメオ・ビッグチョンボであります。しょうがないのでロゴはシンナーでふき取りましたが、勿体無いですねぇ。

093006126ck.jpg
タイヤもOK。車高もほぼバッチリ決まりました。この年はサイドスカートが接地しませんので、少し隙間が無いとダメであります。

093007126ck.jpg
今年はジル・ビルヌーヴ没後30年になります。そんなこともありまして、製作当初から今回はミュージアム風のディスプレイにしようと思っておりました。で、こんな紹介パネルを作ります。台座は旋盤でアルミをちょいと挽いて製作、個人的に気に入っているジルの写真をいくつかアレンジしております。

ということで、この後は細かいパーツをセットしまして無事完成いたしました。このキット、あまり売れ行きは芳しくないようですが、パーツのフォーマットは1/43とほぼ同じですので、考えようによってはこの価格はお買い得かもしれませんね。いつもの1/43スケールとは違うディスプレイも楽しめますし、精密感は同スケールのミニカーとは雲泥の差ですので、一度チャレンジしてはいかがでしょうか?画像はいつものとおり「CLUB ACCEL Gallery」にアップしますので、よろしければ右側のリンクから見てやってください。さて、まだちょっと気分がフォーミュラな感じですので、お次もF1でいきましょうかね?ちょいとまたストック棚を掘り返して検討しようと思います。
スポンサーサイト

Ferrari 126CK #16

さて、いよいよ今週は日本GP、ようやく鈴鹿市内もいつもの雰囲気になってきております。先の台風の影響も特に無いようでやれやれ、であります。日本GPということは今年のシーズンも終盤ということですが、ドライバーの移籍やらレギュレーションのゴタゴタも始まっているようですねぇ。個人的に今製作してる126CKを始めとした80~90年代のマシンは、フォーミュラカーとして非常にバランスのとれた格好良いデザインのマシンが多いと思います。フォーミュラカーの格好良さって、ホイールベースとトレッドのバランス、前後タイヤの大きさ、ウィングの大きさのバランスが大きく影響してると思うんですけど、その点現代マシンはどれもこのバランスが良くなくて格好悪いですね。平均速度を落として安全性を確保するなら車両重量を増加させるのが一番手っ取り早くて効果大だと思います。重量の増加は加速・減速・コーナリングすべての運動性能に影響しますし、増加した分、より強固なモノコックにするなりすれば良いんじゃないでしょうか?空力デバイスゴテゴテは勘弁してほしいですが、できれば車体周りのレギュレーションは昔のようにして頂いて、ジョン・バーナードやゴードン・マレーがかつてデザインしたような格好良いマシンが出てきて欲しいものであります。

092507126ck.jpg
さて工作です。ミラーを埋め込みましたが、この大きさとなりますとさすがに難儀いたします。

093001126ck.jpg
ウィングのエンドプレートも小さきので、研ぎ出しは板に両面テープで貼り付けて行っております。

093002126ck.jpg
エレメントやフラップ固定用のビスはデカールで表現されていましたが、せっかくなのでこういうのを貼り付けておきました。頭を丸くすると良いんですが、ちょいと小さすぎて無理でした。

093003126ck.jpg
リヤも同じく。ん?何かずれてるぞ?

Ferrari 126CK #15

今回の台風17号は各地に被害をもたらしているようでありますが、皆様の町は大丈夫でしたでしょうか?ここ鈴鹿市を含む三重県は昨日午後から激しい雨に見舞われまして、我が家の周りも私が帰宅する頃にはくるぶしの上くらいまで道路が冠水、慌てて家族の車を退避させました。深夜には雨も風も収まりましたが市内では行方不明者も出ているようで、増水した川などにはまだ注意が必要であります。台風が通過しても土砂災害や河川の氾濫の危険性はしばらく続きますので、影響のあった地域の皆様は十分に注意ください。

092504126ck.jpg
工作であります。エンジンやモノコックをアンダートレイに組みまして、シャシ周りはほぼOK。

092505126ck.jpg
上下合体です。ボディ裏側に乗った塗料が一部干渉して削り落としたりしましたが無事完了です。手垢まみれで汚いですが、一気にマシンらしくなって格好よろしい。

092506126ck.jpg
作り直したロールバーやらタンク上面のパーツなどを組んでみます。ここら辺のパーツはあまりテカテカに磨きすぎずに、少しくすんだ輝きの方が実車らしくて私は好きです。

Ferrari 126CK #14

製作ダイアリーをこのブログにしましてから1年が経ちました。大した作品も作れておりませんが、いつもお付き合いありがとうございます。訪問して頂く方々を退屈させては申し訳ないなぁ、と何とか2~3日毎の更新を心掛けてきましたが、今後も出来るだけこまめに更新していきたいなあと思っております。この1年の間に遙か海外からもアクセス頂けるようになりまして、特にフランス、イタリア、アラブ首長国連邦の方にはよく見て頂いているようであります。私ももう少し英語が堪能なら英訳文なども併記すると格好良いんでしょうが、悲しいかなそんなことをすると恥をかくのが見え見えですので、それはまたいつかもう少し英語に自信が付いたらチャレンジしてみたいと思います。

092501126ck.jpg
さて本題。シートベルトはキットのエッチングをバックル部分のみ使用しまして、ベルト部分は鉛板に致しました。キットのままよりはマシになったような気がします。

092502126ck.jpg
シフレバーはエッチングのペラペラタイプでしたのでこれも作り直し。ノブはウッドなのでブラウンでちょいと塗っておきましょう。

092503126ck.jpg
コクピット部分が概ね出来てきました。1/43スケールならもう少しディティールアップするんですが、このサイズだとせっかくの努力も殆ど肉眼では見えない領域になりそうですのでこれでヨシにいたします。ハイドロのコントローラーとかをステアリング脇に付けると良いかもしれませんな。

Ferrari 126CK #13

なんだかんだしてるうちにもう間もなく日本GPが今年も鈴鹿にやってまいります。来週になればマシンやら機材が搬入されるでしょうし、ドライバー連中もボツボツと鈴鹿入りすると思われます。ただ、例年と比較しますと、市内の道路とかに掲示される看板などが今年は少ないような気がします。チケットの売れ行きがどうなのかはよくわかりませんが、観客の入りはどの位になるんでしょうか。私はいつもの通り仕事で行けませんが、良いレースになると良いですな。

092304126ck.jpg
リヤエンド廻りでまだだったパーツを仕上げていきます。アッパーアームも黒染め後、磨いてシルバーっぽくなるようにします。塗装では表現できない金属感が出るので良いです。

092306126ck.jpg
ほぼエンジンパートが出来上がりました。後はサスペンションのマウントとブレーキダクトくらいかな?

092307126ck.jpg
お次はコクピット周りにかかります。先回のMP4/4ではキットのエッチングをそのまま使用しましたシートベルトですが、今回は鉛板を使用してディティールアップしたいと思います。
プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。