スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pernelli VPJ4B #14

毎日バタバタしておりまして、気が付けば1週間振りの更新になってしまいました。昨日は仕事がらみの忘年会がありまして、今年限りで異動になってしまう方の送別も兼ねておりましたので思いの外に飲み過ぎ、今日は久し振りの2日酔いでグタグタでした。昔はそんなこと無かったのに歳をとるにつれて深酒が効くようになってきたなぁ…。やだやだ…。


121801panel.jpg
パーネリはもうひと踏ん張りで塗装にいけるんですが、このペースだと年内完成が怪しい…。今日はステアリングを仕上げますが、キットのパーツはこれ。結構良いモノがセットされておりましたので作り直す必要はありませんな。

121802panel.jpg
スポークを少し薄くしただけで良い感じになりました。スポークを加工する時にボスの部分も削り落としてしまったのでシャフトのみインチキ旋盤で作りました。

121803panel.jpg
組み合わせて完了であります。
スポンサーサイト

Pernelli VPJ4B #13

暮れが近付くにつれて物騒な事件やら事故のニュースが増えてまいりました。全国ニュースでも報道されておりましたのでご記憶の方もみえるかもしれませんが、先般我が家から程近い交番に乗用車が突っ込むという事件もありました。やたらとパトカーのサイレンが鳴ってるなぁ、と思ってまして、翌日のニュースを見てビックリ。色々と追い詰められて突飛な犯罪を犯す輩も増えてまいりますので、気を付けたいところであります。

111908panel.jpg
パーネルの方はミラーを掘ったりしております。もう少し左右を追い込みたい感じ。後はホイール、スクリーン、ステアリング、ブレーキダクトあたりを仕上げれば塗装に入れそうです。

news138.jpg
で、先日ラクーンさんへ行ってまいりました。完成品は相変わらず怒涛の新製品ラッシュですが、キットの方も最近は沢山新製品がリリースされて嬉しい限りであります。今回は予約開始から注目しておりましたマーシュのアロウズA3がちょうど入荷したとのことで、ここは迷わずゲット。マーシュブランドでフォーミュラは結構珍しいということもありますが、アロウズA3といいますと私の記憶では過去にモデルアップされた事が無かったような気がして聞きましたら、唯一FDSのものが有ったそうであります。そういえば何となく見た記憶もありますが、FDSとなりますとグソグソキットの代名詞、それに引き換え今回はボディーがレジンながらこのクォリティでして、この年代好きにはお勧めであります。

news139.jpg
ボディーフォルムも特に問題無し、シンプルながら勘どころを押さえたパーツ構成もよろしい。にぶいゴールドのボディーカラー再現がポイントになりそうですが、ここは「仕事人」パトレーゼ仕様で製作予定であります。他にも同じくマーシュのローラT70Mk3bの3バージョン、タメオのレッドブルも良いですね。あと、ヒロの917LHはなんとあの内容で¥15,750!国産キットでこの価格は少々驚きですな。入荷は少し先になりそうですが、人気のサイケカラーでもありますし、これは歴代917LHの中で決定版になりそうであります。で、もう一つの目的、レーシング43のキットですが、残念ながら在庫品の中では特にビビッと来るものは無し、まぁまだ時間はありますので気長に探してみようかなと思っております。ランチアのベータ・モンテカルロとかフェラーリ308のパイオニアカラーとかが面白そうなんですが、もうさすがに残ってないみたいですねぇ。

Pernelli VPJ4B #12

F1を始め主要なモータースポーツがシーズンを終えてしまいました。可夢偉選手のザウバー放出は残念ではありますが、厳しい見方をしますと日本グランプリ以外は突出して印象に残るレースも無く、ドライバー市場の中では「並」のドライバーと判断されていたんでしょうね。それだけ厳しい世界だということなんでしょうが、ザウバー以上のチームへ移籍するとなると、シーズン1~2勝、ポイントで100ポイント以上の獲得が無いといけなかったんではなかろうかと思います。結果の8割がマシンのポテンシャルで決まる今のF1、戦闘力の低いB級チームへ移籍するよりも、WECやDTM、インディカーのような、よりドライバーのキャラクターが際立つカテゴリーにチャレンジした方が良いような気がいたします。それにしても彼のようなドライバーを強力にサポートしようという日本の企業が全く現れないというのも、何とも情けないといいますか、いよいよ日本経済も先が見えてきたような気がします。

111903panel.jpg
工作はリヤウィングにかかりました。単純な構成ですし塗装も白一色ですのでこのパーツはハンダで組んでしまいます。

111906panel.jpg
ウィングポストのマウントもちゃんとエッチングがあるし、固定も洋白線を通すなど、なかなかグーなパーツ構成であります。

111907panel.jpg
ミラーも掘り込もうかと思いますが、こういうふうに鏡面に湯口のあるヤツは切り離さないと工作できないので困ったもんであります。持ち手が無くなるのでチョイと固定方法を工夫しないといけないんですが、板に接着したりもしにくい形をしておりますのでどうしましょうかねぇ。

Pernelli VPJ4B #11

もうそろそろ忘年会の話がチラホラ出てくるようになりました。忘年会の2次会といいますとカラオケが定番なんでしょうが、最近では一人専用のカラオケボックスが増えているそうな。私もこの歳になりますと流行りの歌とかはイマイチ苦手ですので、若手社員の前で古い歌を熱唱してやや寒い空気にしてしまうよりは、こういう一人専用のボックスで心ゆくまで歌う方がストレス解消になりそうであります。

111301paneli.jpg
さて工作。ひねくり回したFダンパーはこうなりましたが、写真では殆ど変化無しに見えますな。薄くスミ入れしてコントラストを付ければマシになると思います。

111302paneli.jpg
お次はノーズコーンにかかります。パーツ構成はこんな感じですが、この当時のマシンらしく薄っぺらなノーズです。

111901paneli.jpg
この状態までハンダで組んでしまいました。

111902panel.jpg
モノコック部分に組んでみるとこんな風なんですが、固定する場所が少ないので最後の組み立てに神経使いそうです。

Pernelli VPJ4B #10

ホビーフォーラムも盛況のうちに終了したようですが、週末仕事の私は毎度ながらこれらイベントにはなかなか参加できませんので、行かれた皆さんが羨ましい限りであります。掘り出し物探索も大いに魅力的ですが、スケールやジャンルを問わず色んな完成品を見る事が出来るのは良いですよね。そういえばタメオからはいよいよレッドブルRB8のデリバリーが始まったようであります。今年の鈴鹿を盛り上げた例のマシンもどこからかキットが出るらしいので、そうなりますと2012年型はフェラーリ、マクラーレン、レッドブル、ルノー、ザウバーとなんと5車種。久し振りの「当たり年」になりそうですな。出来る事ならプロバンスあたりにも頑張って頂いて、今年のDTMやWTCC、WECのマシンをリリースして頂きたいところであります。

110607paneli.jpg
工作の方は相変わらず牛歩であります。ちょいとウラ作の方がたて込んでおりまして、パーネリに割く時間が少なくなってしまって申し訳無し。で、今回はフロントサス周りを組んでみます。あとここにこの頃のマシンによくあった特徴的なプルロッド式インボードサスが付きます。大半のキットはこの部分を適当にオミットしてますが、TWUではちゃんと再現されております。ただ結構複雑なアーム配置ですので、上手く組むのは手がかかりそうです。

110608paneli.jpg
キットで用意されていたFrダンパーユニットのパーツ。作り直そうかとも思ったんですが、モノコックへの取り付け部分にもスプリングが巻いておりましてちょいと面倒な形であります。とりあえずこれを何とかならんものかいじくってみます。完成してしまうとほぼ見えませんしね。
プロフィール

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。