スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ferrari F1/87 #17

このゴールデンウィーク、すっかり自堕落な生活をしたおかげで日中変な時間に眠くなったり、夜中変な時間に目が覚めたりして困っております。普段あまりに気にしてないんですが、やっぱり規則正しい生活って大切なんですねぇ。

050309f187.jpg
さて、工作は最終組み立ての工程に入りました。塗装したホイールにはエアバルブを追加。デカールはスピードラインであります。スピードラインってちょっと懐かしいんですが、今のF1でスピードライン履いてるところってあるんでしょうか?

050307f187.jpg
いつもの私の手順通り、まずはリヤサスから。割とサクサクと組んでいけます。

050308f187.jpg
気にしていたフロントサス基部のエッチングもどうやら上手く収まりました。このパーツ、先にサスアームに通しておいて、アームを接着、そのあとボディのくぼみに収めると上手く組めるようです。

050310f187.jpg
半ツヤで仕上げたウィングも組んでいきます。

ということで、この後はタイヤを接着、ミラー埋め込みやらアンテナなんかの細かいところを組みまして無事完成いたしました。完成画像はいつもの通りCLUB ACCEL Galleryにアップいたしましたのでよろしかったら見てやって下さい。この87年の日本グランプリ、私も随分興奮して見に行きましたが、予選前にタイトルは決まるわ、期待のホンダエンジン勢は不発に終わるわで、ゴール後の観客はみんな少し残念そうな表情をしていたことが印象に残っています。でも今考えるとこの時ロータスの中嶋は6位入賞、その時はあまり評価されてませんでしたが、今考えると偉業でしたね。

さて、次は何にしましょうか…。BBRのメルセデスCクラスDTM、ベルント・シュナイダーが乗ったヤツも良いし、こないだ買ったマーシュの330P4も面白そう、ペイント済みですがJPSのマトラ630なんかもあまり作例を見ないので面白そうです。ま、しばし悩むことにいたします。
スポンサーサイト

Ferrari F1/87 #16

昨日は何故か無性にカレーが食いたくなりまして、久し振りにカレーのココイチに行きました。この店に行くのは何年か振りでしたが、すっかり綺麗に改装されておりまして、なんとドライブスルーまで出来ておりました。で、久し振りの味を堪能したわけですが、何気にテーブルのPOPを見ておりましたら、なんとラーメンの替え玉ならぬ「ルー追加無料」ってサービスがあってビックリ。知らないうちにココイチも進化してるんですねぇ。

050305f187.jpg
さて、連休も残りわずか、ピッチを上げて製作しております。例のシートは結局こんな感じになりました。良いか悪いか微妙な感じですが、紙や接着剤、手順などを改善すればもっと良いものが出来るかもしれませんので、また機会があったらチャレンジしてみます。

050306f187.jpg
メーターパネルは少しスイッチ類を追加しましたが、実車も非常にシンプルな構造ですのでキットのパーツのみでも十分です。

050303f187.jpg
Fウィングも研ぎが完了しましたので、Rウィングとともに半ツヤ塗装にかかります。

Ferrari F1/87 #15

この春大学に進学した長女が少し前から自分用のノートパソコンを買ってくれと言い出しました。勉強するのにどうしても必要なものじゃ無いし、いずれまたすぐに今度はタブレットのやつが欲しいとか言い出すのは目に見えておりましたので、バイトもしてることだし自分の金で買え!ということにしておりました。で、渋々ながら何とかお金を貯めたとのことでしたので、本日めでたく購入。スペックは大したことのない型落ちモデルですが初心者には充分過ぎるパフォーマンス、さらにはウィンドゥズ8.1であります。私も8.1を本格的にいじるのはこれが初、少々まごつきましたが何とか設定も完了致しました。しれにしてもあのタイルっていうんですか、あの画面を見てるとパソコンも随分進化したもんですねぇ。あの画面をモニターじゃなくて家の窓とかに投影出来たら20年くらい前の映画に出てきた未来のシーンそのものじゃないか、と感心致しました…。

042904f187.jpg
無事クリアーも硬化しましたので研ぎ出し開始。今回ペーパーは#2000まで、ハード2Lベースのスペシャルブレンドコンパウンドから磨きを開始いたします。

050301f187.jpg
第一段階の磨きが完了致しました。

050302f187.jpg
この後仕上げのコンパウンドでもう一回いきます。

042901f187.jpg
翼端板はエッジにクリアが溜まりやすいので毎度ながら面倒臭いです。

042902f187.jpg
#2000のペーパーでここまできました。コイツはこの後半ツヤクリアーで仕上げます。

Ferrari F1/87 #14

セナが命を落として今年で20年なんですね。あの日の事は私もよく覚えておりまして、バリチェロのクラッシュに始まって、ラッツェンバーガーとセナ、更にはリスタートの事故にピットロードの事故と、見ていてちょっと恐ろしくなるくらい不幸なことが連続いたしましたね。しかも次戦のモナコでのベンドリンガーのクラッシュもゾッといたしました。長らくモータースポーツを観戦しておりますが、あれだけ短期間に大きな事故が連続したのはあの時だけのような気がします。あれから随分マシンもコースも安全性が向上したのは大いに結構なことなんですが、あまりにもナーバスになりすぎてほんのちょっとの接触でペナルティを喰らう現代F1。もしセナが今のレースに参加したら何て言うんでしょうね…。

042703f187.jpg
デカール開始であります。苦労したウラ作に比べますと天国みたいに貼りやすいです。コクピット直前のマルボロデカールは上辺の一部がスクリーンにかかりますのでこの時点でスクリーンも組み付けてしまいました。

042707f187.jpg
完了しました。前後ウィングはほぼ全面カーボンデカールになりますので、ここは最後に半ツヤで仕上げることにしましょう。

042903f187.jpg
バッチリ乾燥後、クリアを吹きました。今回は研ぎやすい精密屋さんのウレタンクリアを使っております。

Ferrari F1/87 #13

新入社員の教育もようやく終了いたしまして、各々連休明けからいよいよ第一線に配属されることになりました。提出書類を忘てきたりヒゲを剃らずに出社したりと、何とも情けないことで注意しなきゃならなくて結構疲れましたが、続きは配属先の上司・先輩にお願いすることにいたしまして、何とか一段落であります。現実の社会には矛盾や不公平が当たり前のように存在しますし、正直者がバカを見たり努力がなかなか報われなかったりするものですが、反面楽しいことも沢山あります。ま、新人諸君、頑張ってくれたまえ!

042108f187.jpg
前回の失敗の記憶も生々しく残る中、今回は慎重に進めております。足回りに細かなエッチングのブラケットを取り付けますので、サフは今回ウレタンといたしました。極力薄く仕上げておきます。

042701f187.jpg
色々悩んだ末、赤はクレオスのレッドとモンザレッドを調色したものに決定。赤を塗装する場合、白やピンクで下塗りする方が多いですが、私の場合、よほど隠ぺい力の低い色以外、下塗りは致しません。そのかわりある程度透けることを考慮して調色しております。理由としましてはやはり極力塗膜は薄く仕上げたいからであります。

042702f187.jpg
しかしこの赤ってのはデジカメ写真やパソコンではなかなか本当の色が伝わらないものでして、少なくとも私のパソコンで表示している時点でかなり実物よりも明るいです。この頃のフェラーリの赤は結構重たい印象といいますか、鮮やかさはありませんので、そこら辺を意識したつもりであります。
プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。