スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ferrari 330P4 #5

マイカーにドライブレコーダーを取り付けました。バスやタクシーといった乗り物を中心に最近急速に普及してるそうで、よく動画サイトなどに投稿されていますな。今回私が取り付けましたのは大したものでは無くて解像度は200万画素、内蔵のマイクロSDに録画していくものです。取り付けもいたって簡単、早速通勤路で試しましたが性能は充分でありました。無いに越したことはないんですが、これでイザという時には心強い味方になってくれそうであります。

053101330p4.jpg
今週はまたしても合宿研修があったり、ウラ作の方もそろそろ大詰めに近付いていたりしまして進捗はイマイチであります。で、シートはこういう風に模様を削り取ってしまいました。

053102330p4.jpg
どうするか考えましたが、こんな風にハンダ線を貼り付けました。このあと溶いたパテで目を埋めればいい感じになるんではないかと踏んでおりますが、さて…
スポンサーサイト

Ferrari 330P4 #4

少々更新の間が空いてしまいました。といいますのも先週はほぼ一週間社内の合宿研修の講師ということで、泊まり込んでおりました。講習は当然なんですが、同時に若い連中の食事の世話もすることになりまして、コイツが大変。合宿所には台所がありますので自炊が出来るんですが、メニュー決定から買い出し、料理と目まぐるしく働いておりました。久しくスーパーへ食材の買い出しに行きましたが、旬のものは良いとしても野菜が高くなりましたね。キヌサヤの味噌汁を作ろうと思ったんですが、20個くらい入った1パックが138円!あえなく断念いたしました。

051901330p4.jpg
さて工作。そういうことでイマイチの進捗でありますが、ボディーの下拵えもほぼ終了しましたのでタイヤをセット。マーシュといいますとレジンのタイヤでして、これが気に入らない方も多いかと思いますが、このキットのものはパターンも比較的キレイでして結構マシな方であります。今回はグイとハイトを低くして製作しようと思います。

051902330p4.jpg
インテリアにかかります。シートはこんな感じでしてちょいと残念。どうするかしばし思案であります。

051903330p4.jpg
ウラではコイツを製作中。デカいスケールなんですがフルディティールなんで手間がかかっております。

Ferrari 330P4 #3

先日嫁から「夕食は食べて帰ってくるべし」との指令が届きました。さてどうしようかとしばし思案しましたが、以前随分通い詰めたラーメン屋に久しく行ってみることにいたしました。お気に入りのメニューは坦々麺に茹でたホウレンソウがドッサリ乗ってる「ポパイラーメン」。で、楽しみに車で向かったんですが、店に着くとどうやら休業の様子。あれ?と思ってよくよく見るとなんと店のウィンドウには「テナント募集」の張り紙が!え~!辞めちゃったの?とビックリ。結構おいしいお店で流行ってたんですが、お店を切り盛りしてた夫婦と思しきお二人も年配の方だったので、無理も無いかもしれません。それにしてもあのポパイラーメンが食えなくなったのは残念無念…。

0511010330p4.jpg
工作は引き続きボディー周りをいじっております。左ドア後方にある小さなエアインテークはモールドが小さすぎましたので少しパテを盛り、掘り込んでおきます。

051108330p4.jpg
キットではリヤスポイラー部分のスジ彫りが省略されておりますので、追加することにします。細く切ったアルミテープをガイドに少しづつ彫ります。

051109330p4.jpg
こんな感じになりました。当然上面も追加します。後はリベットの穴を追加すればOK。スリットの中がレジンのカスだらけ…。

Ferrari 330P4 #2

先日夕食を食べておりましたら、長女が「夏休みに免許を取る」と言い出しました。学生の分際で車なんぞ贅沢な!と思いましたが、就職するときにはほぼ必要になるでしょうし、時間をある程度自由に使える今のうちに取っておいたほうがいいのかなぁと思い直しました。で、チョイと気になって自動車学校の費用を調べましたらストレートでいってもなんと30万オーバー!確か私のときは20万そこそこで取れた記憶がありますので、知らないうちに随分値上がりしたんですねぇ。そういや教習車も今じゃハイブリッドカーとか使ってますしね。

051105330p4.jpg
さて工作。スジ彫りなどを直しながら330P4の特徴的なボディサイドのスリットも掘っておくことにいたします。

051106330p4.jpg
このくらいでヨシにしておきます。表面に対して直角に彫るように気をつけました。

051107330p4.jpg
右サイドシル部の小さなインテークも掘るのみでヨシ。マーシュのレジンは随分軟らかくて工作しやすいんですが、その分加工時に刃物が滑ったりするとすぐに欠けたりしてしまいますので慎重に。

Ferrari 330P4 #1

昨日は例年おなじみのヴィッツレース関西シリーズ第1戦でありました。天気にも恵まれまして絶好のレース日和で良かったです。いつもなら40台以上のエントリーがあるんですが、今回は少し減って30台。どうやら昨年までヴィッツでレースを楽しんでた人達の中から結構な人数が86・BRZのワンメイクに転向したようであります。

news207.jpg
で、空いた時間にピット裏をウロウロしておりましたら、なんとディーノを発見。素晴らしいコンディションが維持されたビアンコのボディ、私はそれほどディーノに詳しくはありませんが、71年頃のティーポMかEあたりでしょうか?リヤのナンバー灯がトランクに無かったからMなんでしょうか?

051101330p4.jpg
ということで、新作に取り掛かります。前回のように色々悩んだんですが、結局330P4に決定。キットの発売は結構前ですので、もうすでに製作された方も多いと思います。平板外貼りのウィンドゥがやや評判が悪かったようですが、とりあえずチャレンジしてみます。

051102330p4.jpg
キットは67年のモンツァを走ったものでして、一番人気のル・マンではありません。個人的にどうもル・マンのマシンのミラーが好きではないのであえてコイツであります。シャシナンバー0856、C・エイモンとL・バンディーニがドライブした3号車を製作しようと思います。

051103330p4.jpg
マーシュのキットは大概スジ彫りがこんな感じで、太くは無いんですがエッジが丸くなりすぎております。今回はこれも直しながらいってみます。

051104330p4.jpg
早速直し中であります。ドアの方はキットのまま、エンジンカウルの方をパテを使いながら修正しております。最後は捨てサフも駆使しながらなるべくシャープになるようにしてみます。
プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。