スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ferrari 640 #11

今週の週末、土日は「ヴィッツドリームカップ」参加で富士スピードウェイへ行くことになりました。前期型のNCP91ヴィッツは今シーズン限りで終わり、来シーズンからは現行型でのシリーズ戦となりますので、前期型はもうお役御免と思っておりましたが、今回富士スピードウェイ主催でこのヴィッツによる6時間耐久レースが開催されることになりました。私は毎度のごとくメカニック兼雑用係でありまして、いつもと違って長丁場になりますので何が起きるか解りませんが、楽しんでこようと思っております。顛末はまたご報告したいと思います。

101706640.jpg
ということで本日はチビチビ進行のフェラーリ640であります。フロントダンパーブラケットを作りたくてアルミパイプを元にチャンネル材を作っております。コレに穴を開けてカット、ダンパーブラケットにしようと思って作ったんですが、結果的には少し大きすぎて写真のものはボツに致しました。この後もう1サイズ小さな真鍮パイプで作り直しました。

101708640.jpg
真鍮で作り直してこうなっております。

101709640.jpg
こんな感じでモノコックに付きますが、まだダンパーも作り直さんとイカンです。
スポンサーサイト

Ferrari 640 #10

最近はレストランなどでも1人客専用のメニューを用意してるとこが多いそうで、中には一人専用のしゃぶしゃぶ屋さんまであるそうな。で、同じ流れなのかどうかわかりませんが、一人専用のカラオケ店が流行ってるそうですね。よく考えたらカラオケって大人数で行ってもほとんど皆んな人の歌って聞いてない(笑)。意外と一人の方が周りに気を使わないのでストレス発散が出来そうな感じがいたしまして、ちょっと興味があります。ということで今日はフェラーリ640であります。

101703640.jpg
よくあるフェラーリのスケドーニ皮のシートでありますが、これの再現が結構難しいです。モデル用の皮を貼ってしまうとちょっとオーバースケールで皮というよりは毛布みたいにモサモサになってしまいますし、かといって塗装にするとなんとなく薄っぺらい感じがしてしまいます。で、今回私的に新たなチャレンジといたしまして、紙を使ってみることに致しました。写真はティッシュペーパーを濡らせたものをシートに這わせているところであります。たっぷりの水で繊維をグズグズにしながらパーツを覆っていきます。

101704640.jpg
ある程度できましたらドライヤーでブイ~ンと乾燥させます。

101710640.jpg
で、ちょっとそのままではまだモコモコしてますので、クリア接着剤を薄めたものを塗って毛羽立ちを抑えていきます。乾燥後にライトブラウンを吹けばいい感じになるか?結果が楽しみであります。

Ferrari 640 #9

今週は少し冷え込んできまして、ようやく冬が近付いてきた感じがいたします。夕方コンビニに寄ったりしますとおでんが異常に旨そうに見えますな。私は夏の暑いのは苦手ですが、寒いのは結構平気ですので冬は好きな季節です。

101002640.jpg

本日はフェラーリ640であります。リヤサスペンションのプッシュロッドをゴソゴソしておりまして、写真右側がキットの状態であります。ダンパーユニットまでメタルのパーツでちょっとイマイチですのでインチキ旋盤で作り直しました。

101502640.jpg

ベルクランクのピボットは真鍮パイプで置き換えます。

101701640.jpg

こんな感じですが、ダンパーがちょっと太すぎますので結局この後また作り直しました。まだ細かいパーツの作業がありますが、ある程度パーツが出来ましたらアンダートレイやモノコックは塗装しようと思います。

Ferrari640 #8

今年はちょっと考えられないほど暖かい日が続いておりますが、今日はちょっと朝に冷え込みを感じました。冬といいますと私は毎年2回は風邪をひいておりましたが、昨年は何十年振りかにインフルエンザの予防接種を受けたせいか、一度も風邪をひきませんでした。今年も受けようかどうか思案中でありますが、鈴鹿近辺ですと概ね¥3,000ほどかかります。会社で申請すると健康保険組合から補助金が¥1,000頂けますので差し引きすると大した金額ではないんですが…。病院へ行くのが面倒臭いんだよなぁ…。

100301640.jpg
ということで本日は微速前進の640であります。何やら変なものを作っておりまして、一見インジェクターのように見えるかもしれませんが、コイツはイグナイターであります。このエンジンはディストリビューターの無いダイレクトイグニッションシステムですので、各シリンダーにコイルとイグナイターを装備しております。私の知る限り国産の市販車でこれと同等のシステムが一般的になりましたのは、93~94年頃だったと思いますので、やはりF1のテクノロジーは一歩進んでたんですな。それにしても12個は面倒くさい!

100302640.jpg
取り付けるとこんな感じになります。ちょっとデカいような気もしますが、アッサリしたエンジンのディティールアップにはこのくらいが良いんではないかと思っております。

小物加工は続く…

もうすでにモーターショウやら雑誌やらで結構取り上げられておりますが、来年初頭に久々の小型FRスポーツ車が発売されるとのことであります。かの名車AE86を彷彿とさせる車らしいですが、AE86が販売されてた当時、私もこいつが欲しくってたまりませんでした。幾つかグレードがあったんですが、私は上から2番目のGTV、黒とガンメタのツートーンが良かったですね。まだ免許を取って間もない私はお金が無くて購入は果たせませんでしたので、今回のこの新型FRにはちょいと興味はあります。ただし気になる価格は情報によりますと競技専用ベース車のちょっと特殊なグレードは別にして、標準的なグレードでも車両本体が230万円前後するようであります。せっかくこういう車なんだからホイールはうんと軽いのに交換したいし、出来ればダンパーも調整できるモノが良い…なんて考えてますとあっという間に300万オーバー。今回もまた夢となりそうであります…。

100109640.jpg
ということで本日は640であります。エキゾーストはキットのパーツが良く出来ておりますのでコイツを使います。すき間を掘り込んでメリハリをつけておきます。

100108640.jpg
コイツは何かといいますとモノコック上部に付くエンジンECUであります。周りを這い回るワイヤーハーネス類もモールドされておりますのでコイツは削り落とし、あとから追加することに致します。

100111640.jpg
ザッと加工した状態であります。モノコック上部にはフューエルフィラーやブリーザーパイプ、エンジンへのフューエルラインのユニオンを追加しておきます。
プロフィール

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。