スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ferrari 126CK #5

今日は年に一度の健康診断でした。この歳になりますと色々気になることもあるんですが、とりあえず今日のところは老眼以外は異常なし。採血やら検尿やらの結果は後日ですのでまだ安心はできませんが、健康じゃないと好きな工作も出来なくなりますし、何とか安心できる結果が返ってきてほしいものであります。そういえばタメオのロータスE20が発売されましたね。なかなか模型映えするカラーリングですので早く現物を拝んでみたいところでありますが、今度ラクーンさんへ行ったときはひょっとすると売り切れちゃってるかもしれませんね。

082107126ck.jpg
さて、最近またしても休みが無くて進捗がよくありませんが工作であります。フロントサスはアームを加工してブレーキダクトも掘ってます。こちらも小さいのでなかなか大変であります。

082108126ck.jpg
お次はエンジンパートにかかります。パーツ構成はこうなっておりまして、ほぼ43スケールと同じと思われます。ギヤボックスのモールドが細かくて素晴らしいですな。

082502126ck
各パーツを整形しながら仮組みしてみます。カウルで隠れる関係上、ターボはコンプレッサーホイールやインタークーラーへの配管は省略されております。今回エキゾースト周りは黒染めで着色した後、焼けた感じにしてみようと思っております。
スポンサーサイト

Ferrari 126CK #4

先日リンク頂いている67GTさんからコメント頂きました自作工具をご紹介したいと思います。自作といっても大したものじゃありませんのでショボい出来なんですが、色々自分なりに試行錯誤したりしております。

082501126ck
見た目が大層汚いですが、スジ彫りやらボディー周りの細かい加工なんかに使用しているものです。他にも色んな形のものが有りまして、今改めて数えたら全部で22本ありました。その他ピンセットなども大概先端部分は使いやすいように加工しますし、エッチングを折り曲げるプライヤーなども市販のままではエッジも甘いし太すぎますので、好きなように削り・焼き入れしたりして使用しています。

082104126ck.jpg
さて、本題の方はコクピット周りから手を付けることにいたします。主なパーツはこのモノコックとシート。

082105126ck.jpg
アッパーアーム、フロントロールゲージも組んでみます。やはりピタリときますねぇ。ロアアームはエッチングですが小っちゃくて加工が難しいです。

082106126ck.jpg
実車ではアームは丸パイプですので少し削り込んでみました。仮組みしてある方が加工済みであります。64スケールでこのくらいにしますと非常に繊細でこれだけで精密感が随分アップいたします。

Ferrari 126CK #3

オリンピックは終わってしまいましたが、間もなくパラリンピックが始まりますね。我が鈴鹿市からも車椅子競技の北京パラリンピック金メダリスト、伊藤智也選手が出場します。鈴鹿市民としましては是非とも好成績を期待したいところですね。ガンバレ!伊藤選手!で、いつも思うんですが、この車椅子競技に使用される競技用車椅子が非常に格好ヨイ。まさしく「レーサー」と呼ぶに相応しい洗練されたデザインでして、選手と一体になって疾走する姿はとてもエキサイティングです。個人的にはこんなに格好良い乗り物ですので身体のハンデキャップの有無にかかわらず、オープンな競技として開催することはできないんですかね?今回のオリンピックでも一部陸上競技に義足ランナーが出場しておりましたし、将来的にはパラリンピックとオリンピックがもっと融合した大会になれば良いのになぁ、と感じる今日この頃でございます。

082101126ck.jpg
さて、工作の方は各部の穴開けを行っておりますが、アンダートレイとボディの止めねじはご覧のとおり呼び径0.8mmのマイナスネジであります。マイナスはどうしてもドライバーが滑りやすいのでここは1/43と同じくプラスにして頂きたいところであります。

082102126ck.jpg
こういうところはちゃんと真面目に処理しておきます。

082103126ck.jpg
エッチングのサイドパネルはハンダ付けしましたが、これがまたカミソリみたいにシャープであります。研ぎ出しでエッジをやってしまう危険なニオイがプンプンしておりますが、マスキングとかで上手いこと回避できるようにいたします。

Ferrari 126CK #2

先週の週末、仕事で県内あちこちを走り回っておりましたが、夏祭りをやっているところをいくつか見かけました。祭りといいますと私の場合、今も昔も露店巡りが大好きです。地方によって色々特徴があると思うんですが、皆さんの地域に「リンゴ飴」って有ります?あれって見ると結構綺麗でつい買っちゃうんですが結局食べきれずに残ってしまうという代物であります。私もいい歳になりましたので、これからは気を付けてチョコバナナにしようと思います。

081804126ck.jpg
早速カウルから手を付けております。後端のインテークは何とか抜きましたが何せ小っちゃいので神経使います。ルーペを使いながら慎重に掘りました。

081805126ck.jpg
フロントのインテークは43と同じように帯金を使ってみました。あまりにも目が疲れたので今日はこれで終了。

Ferrari 126CK #1

連休も終了しまして私はいつものペースに戻っておりますが、今日まで休みだったという方も結構多いんではないでしょうか?また仕事が始まると思うと少々ウンザリするかもしれませんが、次の連休を楽しみにしながらひとつ頑張っていきましょう。

081801126ck.jpg
さて、気分転換のフォーカスが完成しましたので本来ならロータスに戻るところなんですが、何故かいまいちモチベーションが上がりません。こういう時に工作しても良い作品は出来ませんし、精神衛生上も良くありませんな。何より「作りたい時に作りたいものを作る」という私のポリシーにも反しているとか何とか適当に言い訳を考えてるところに、フラリと立ち寄った書店でコイツを発見してしまいました。私のようなナイスミドルのF1ファンにはこのドライバーは未だに強烈な輝きを放ち続けております。あのゾルダーの悲劇以降、彼を上回るファイターは残念ながらまだ見たことがありません。

081802126ck.jpg
ということで、次は126CKに手を付けることに致しました。CKのキットはハラマの伝説を作ったメリのものと、タメオのモナコ仕様を持っております。タメオは43と64の各スケールを在庫しておりまして、改めて比較してみますとご覧のとおりパーツのフォーマットもほぼ同じになっております。どちらにするか悩みましたが、今回は64スケールのキットを以前製作したマクラーレンMP4/4のようなオブジェ風の作品にしてみたいと思います。

081803126ck.jpg
早速ザッとパーツを合わせてみますが流石タメオ様、この大きさでもピタリときてます。基本的に43スケールと同じようなタメオレギュラーコースのディティールアップを施せば、かなり精密感を味わえる完成度となりそうです。以前のマクラーレンはタイヤがダメダメでABSで作り直しましたが、今回は43と同じく素材はアクリルゴム、グッドイヤーのロゴも印刷済みのナイスパーツがセットされております。



Ford Focus RS WRC #3

長かった連休も私は今日が最終日であります。今回は母の初盆ということもありましたが、急な身内の不幸などもありまして少々バタバタした連休ではありました。今年は何かと身内以外でも弔事が多くて神経を使いますね。とはいうものの何とか連休中にやっておきたかった事は出来ましたのでヨシとしております。

081601focus.jpg
さて、「消化試合」として始めたフォーカスですが、何とか連休中に形を付けるべく作業を続行しております。インテリアもササッと組んでしまいます。シートベルトだけは鉛板で作りました。あと、最初からステアリングとシフトレバーが欠品しておりましたのでこれはやむなく作り直しております。

081602focus.jpg
上下も無事合体しましたがハコ車はここら辺からまだまだパーツが多くてもうひと踏ん張りであります。ちなみに今回はエースドライバーのミッコ・ヒルボネンではなくて、ヤリ‐マティ・ラトバラで作りました。ラトバラのキャラクターが何となく好きなんですよね。

081604focus.jpg
今回は私自身の実験的要素も含みまして、「汚し」を入れることに致しました。カーモデルでは好き嫌いがハッキリと分かれる手法でありますが、今後のスキルアップの一環として工作しております。

この後、バババッと作業しまして一応完成いたしました。決して褒められるような仕上がりにはなっておりませんが、完成画像は後ほど夜までにはギャラリーにアップしますのでまた見てやってください。

Lotus72E #19

さて、本日はまず前々回の内容について訂正やら何やらであります。まず250GTベルトーネでありますが、過去にはプロバンスのキットが有ったようですね。私は一度もお目にかかったことがありませんで、その存在は全く知りませんでした。もし現物を見る機会がありましたら是非出来栄えを見てみたいものです。あと、フォルテシモ43の315Sではホイールのエッチングに不具合があるものがある、とのことで、私も確認いたしましたら幾つか確かにスポークが切れておりました。ラクーンさんではちゃんと交換対応して頂けますので、もしお持ちのキットのものに問題がありましたらお店に送付いただければ良品に交換して頂けます。ま、パーツの欠品や欠損はある意味当たり前の世界ですので私は特に驚いてはおりませんが、今回はきちんとラクーンさんが対応して頂けますのでご安心を。私はペブルビーチとかに出ていたレストアバージョンも良いなと思ってますので、ボシカの浅リムホイールに交換しようかなと計画しております。

07230472e.jpg
ということで今日は72Eであります。この頃のDFVでは楕円形のプラグキャップが付いてるものが多いので、今回は面倒ですが作ることに致しました。材料はこの2本のアルミパイプであります。

07230572e.jpg
パイプにパイプを差し込んで押しつぶし、楕円形にいたします。この時出来る隙間には瞬着を流し込んで埋めておきます。

07230672e.jpg
で、汚い写真ですが適当にカットしましたら板に貼り付けて成形します。1個足りませんが削ってたらポリン!とどこかに飛んで行ってしまいました(^^; これで塗装すればOKであります。

Ford Focus RS WRC #2

殆どの方が昨日、もしくは今日あたりからお盆休みに入ったのではないかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?私は特に大きな予定はなかったんですが、10日に身内で不幸がありまして、急遽神奈川県は川崎まで行っておりました。予想外の事だったんですが、何年か振りに家族全員での長距離ドライブとなりました。新東名を走りましたが行きは静岡で豪雨、帰りは渋滞と大変!何とか無事帰宅いたしました。

news118.jpg
11日の夜は食事も兼ねてラゾーナ川崎へ連れて行ってもらいました。都会ってすごいなぁ、と感心しつつも、人と車の多さや建物・道路がギュッと隙間なく押し固められてる感じが窮屈で、やっぱり私は田舎の方がいいなと再確認いたしました。

081201focus.jpg
今日は久し振りにフォーカスであります。馴染みにくいデカールは少々骨が折れましたが何とか終了。細かいところに少し隙間が出来てしまいましたのでタッチアップが必要であります。

081203focus.jpg
クリアーも吹きました。私は普段ウレタンクリアーは実車用のものを使用してますが、今回はフィニッシャーズのGP2を使用いたしました。希釈の度合いにもよりますが、ウレタンの割には肉持ち感が少ないクリアーですので、デカールの段差とかが消し難いですが、その分ラッカークリアに近いシャープさがありますね。ここら辺はお好みで使い分けるとよろしいかと思います。ウレタンのモッタリした感じが好きでない方は一度試してみてはいかがでしょうか?ちなみに塗膜の硬度はかなり高いようです。

081202focus.jpg
シャシ周りのパーツも塗装してます。ロールバーは今回キットのパーツを使ってます。昔のプロバンスのキットにはよくプラスチックの汎用組み立て式ロールバーが入ってましたが、このキットはメタルのパーツでしたので整形してハンダで組みました。

Now On Sale

とりあえずまだ連休に入った人は少ないだろうということで、高速道路が混む前にラクーンさんへ行ってまいりました。とはいうものの思ったよりは高速も国道も混雑してまして、いつもよりは時間がかかってしまいました。ということで、本日はチョイと気になったものやら購入したものをご紹介いたします。

news106.jpg
まずはこれ、MG Model Plusの新ブランド、アトリエ43のフェラーリ125F1であります。パーツのフォーマットやキャストのクォリティは前のままだと思われますが、これで1万円を切る価格ですのでお好きな方は入手されてはどうでしょうか?

news109.jpg
既にパーツやら仮組みした状態などは色々なところで紹介されておりますヒロさんのイーグルTG1ですが、インストはこんな感じであります。こちらも1/20スケールのものとほぼ同じような内容ではないでしょうか?ビックリするほど繊細であります。

news110.jpg
パッケージもご覧のとおり豪華な箱でして、ここらへんが国産キットの嬉しいところですな。キットの内容からしてこれはやはりお買い得な価格設定です。

news114.jpg
対しましてこちらはフォルテシモ43・315Sのインストであります。下間氏の手書きイラストがふんだんに配置されまして、キットが完成しても捨ててしまわずに取っておきたいくらいであります。最近のCADイラストを見慣れた目には随分新鮮な印象です。ちなみにエッチングパーツの一部に不使用パーツがあるんですが、こういうのがあるってことはひょっとしてバリエーション展開もあるんでしょうか?

news111.jpg
テクノのフェラーリP2/3ドロゴであります。プロポーション、パーツの精度とも良好ですし、ウィンドゥスクリーンはバキュームパーツがセットされております。マーシュのPシリーズよりも組み立てやすそうですな。

news112.jpg
テクノの良いところはこういう小物パーツが充実しているところであります。テールランプなんかもちゃんとクリア樹脂パーツがセットされておりまして感心ですね。

news115.jpg
で、ウロウロしておりましたらお店にドスンと荷物が到着。何かと思いきやミネルバの250TR 58年ル・マンとセブリング・LHD仕様であります。私はル・マンの方をお願いしておりましたのでそのまま購入。先日のテクノのキットと同じく複数(6バージョン)の仕様が出来るようにデカールがセットされておりますので、作るのが楽しみになりそうです。

news108.jpg
こちらはモデルアート111というショップ特注のエスプリ43 フェラーリ250GT・ベルトーネであります。

news116.jpg
私の記憶ではこの車のキットといいますと過去にBBRのものが有ったかどうか?くらいでして、ましてやメタルとなりますとちょっと覚えがありません。今回はエスプリ43ですのでクォリティはハイレベルであります。

news117.jpg
このベルトーネの250GTは特徴的なノーズのデザインが印象的ではありますが、私はこのルーフからCピラー、テールエンドに至るラインがまさしくベルトーネの真骨頂ともいうべきデザインで好きです。

ご紹介いたしましたキットのうち、125F1・250GTベルトーネ・250TRはいずれも生産数が少ないキットです。特にベルトーネは既にメーカー完売、ラクーンさんへの入荷数もごく僅かですので興味のある方は早めにお問い合わせを。ミネルバ43やエスプリ43のキットは少々値が張るものが多いですが、どれも買っておかないと後悔すること間違いなしと思われますので、ここは飲みに行くのを2~3回我慢してでも買っておくことをお勧めいたします。ミネルバの250TR・RHD仕様やブレッドバンの在庫もあと僅か、とのことで、こちらも合わせて興味のある方は早めにお問い合わせ下さい、とのことでありました。

news113.jpg
最後はキットではないんですが、先日市内の模型屋さんでコイツを発見。今更?と思われそうですが、やっと売ってるところに出くわしたので、モノは試しと購入いたしました。ニオイを嗅いでみますとほぼアクリルシンナーのニオイですので、まず間違いなく主成分はアクリルシンナーと思われます。私は普段ソフターはクレオスの普通のものと、アクリルシンナーを少し薄めたものを使い分けております。で、PMAのデカールに使ってみたところ、ちょうどその中間くらいのようで、思ったよりは効きが弱いですが、これからはデカールの様子を見ながら使ってみることにいたします。

Lotus72E #18

少し世間の皆さんよりは早いかもしれませんが、私は明日から夏休みに突入いたします。いつものごとく子供たちは各々予定があって殆ど家には居なくなりそうですし、カミさんもパートで家を空けますのである意味思う存分羽を伸ばせそうなものですが、時間はあっても金は無し、派手に遊ぶわけにもいきません。一応今回の休み中にやりたいことは、①電気カミソリの刃を替える ②仕事に履いていく靴の底が擦りきれてきたので新しいのを買う ③コンビニでちょっと旨そうなビールを探してきて明るいうちから飲んでやる といったところであります。

07230172e.jpg
さて、フォーカスもボチボチ気分転換にやってますが、ロータスを進めます。本日はインジェクターであります。今回はこうやってピンに真鍮パイプをハンダ付けします。

07230272e.jpg
で、カットして削っていきますが仕上げがまだイマイチであります。もう少し余分なハンダを落として小さくしないとイカンですな。でもあんまりやり過ぎるとポロッと外れるので注意であります。

07230372e.jpg
セットしますとこんな感じです。やっぱりまだ少し大きいです。インダクションポッドも少し下すぎますので調整が必要であります。

そういえばイーグルの43キットを発売したヒロさんの次回作はロータス72Dなんだとか。恐らくヒロさんの正確な考証で素晴らしいキットになりそうですのでこちらも楽しみですね。休み中にラクーンさんへも行こうと思っておりますので、まずはイーグルのキットを拝んでこようかと思っております。

Lotus72E #17

気が付けばあっという間に今年も8月、私の家の周りの田んぼでは、稲穂が大きく実ってあと少しで収穫となりそうですが、なんとなく毎年このタイミングが早くなってきてるような気がします。これも温暖化の影響なんでしょうかね?今月は夏休みを取られる方も多いと思いますが、皆さんは何か計画はお有りでしょうか?私は母の初盆がありますし、いつもと同じくどこか遠くへ行く予定はありませんが、子供達は何やら色々計画しているようであります。ま、高速道路が渋滞しないタイミングを見計らって、何とかラクーンさんへは行こうかなと思っております。

07100872e.jpg
さて、最近少々ウラ作の方が忙しくなっておりまして、少々進捗が悪いですがロータスはまたまた地道工作の続きであります。お次はインダクションポッド。

07100972e.jpg
掘り込んで端部は真鍮にしようと思います。写真では隠れてしまっておりますが、リップ部分を帯金の厚さ分だけ一段削ってハンダ付けしていきます。

07101072e.jpg
ダンゴになってしまいましたが一応完了。繋ぎ目は下側になるようにしております。

07101172e.jpg
ガシガシ削ってこうなりました。実車では下の四隅にエンジンへ取り付けるフックがありますが、これはオミットするかどうか考え中であります。
プロフィール

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。