スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pernelli VPJ4B #12

F1を始め主要なモータースポーツがシーズンを終えてしまいました。可夢偉選手のザウバー放出は残念ではありますが、厳しい見方をしますと日本グランプリ以外は突出して印象に残るレースも無く、ドライバー市場の中では「並」のドライバーと判断されていたんでしょうね。それだけ厳しい世界だということなんでしょうが、ザウバー以上のチームへ移籍するとなると、シーズン1~2勝、ポイントで100ポイント以上の獲得が無いといけなかったんではなかろうかと思います。結果の8割がマシンのポテンシャルで決まる今のF1、戦闘力の低いB級チームへ移籍するよりも、WECやDTM、インディカーのような、よりドライバーのキャラクターが際立つカテゴリーにチャレンジした方が良いような気がいたします。それにしても彼のようなドライバーを強力にサポートしようという日本の企業が全く現れないというのも、何とも情けないといいますか、いよいよ日本経済も先が見えてきたような気がします。

111903panel.jpg
工作はリヤウィングにかかりました。単純な構成ですし塗装も白一色ですのでこのパーツはハンダで組んでしまいます。

111906panel.jpg
ウィングポストのマウントもちゃんとエッチングがあるし、固定も洋白線を通すなど、なかなかグーなパーツ構成であります。

111907panel.jpg
ミラーも掘り込もうかと思いますが、こういうふうに鏡面に湯口のあるヤツは切り離さないと工作できないので困ったもんであります。持ち手が無くなるのでチョイと固定方法を工夫しないといけないんですが、板に接着したりもしにくい形をしておりますのでどうしましょうかねぇ。
スポンサーサイト

Pernelli VPJ4B #11

もうそろそろ忘年会の話がチラホラ出てくるようになりました。忘年会の2次会といいますとカラオケが定番なんでしょうが、最近では一人専用のカラオケボックスが増えているそうな。私もこの歳になりますと流行りの歌とかはイマイチ苦手ですので、若手社員の前で古い歌を熱唱してやや寒い空気にしてしまうよりは、こういう一人専用のボックスで心ゆくまで歌う方がストレス解消になりそうであります。

111301paneli.jpg
さて工作。ひねくり回したFダンパーはこうなりましたが、写真では殆ど変化無しに見えますな。薄くスミ入れしてコントラストを付ければマシになると思います。

111302paneli.jpg
お次はノーズコーンにかかります。パーツ構成はこんな感じですが、この当時のマシンらしく薄っぺらなノーズです。

111901paneli.jpg
この状態までハンダで組んでしまいました。

111902panel.jpg
モノコック部分に組んでみるとこんな風なんですが、固定する場所が少ないので最後の組み立てに神経使いそうです。

Winter has come.

いや~ちょっと忙しくてバタバタしてますと、あっという間に1週間なんて過ぎてしまって気が付けば久し振りの更新であります。朝晩はかなり寒さを感じるようになってきましたが、先週仕事で岐阜県は高山市に行ってまいりました。毎年この時期にはどうしても行かなきゃならん仕事がありまして恒例になってるんですが、今年はいつもより冷え込みがきつくて、天気予報では何やら雪マークもチラホラ。まぁ何とか大丈夫だろうと順調に東海北陸自動車道を北上して行きました。

news137.jpg
ところがどっこいなんと高鷲ICから先はチェーン規制、下道の156号線で何とか先へ進みましたがひるがの高原付近はこの有様であります。常時ドリフト状態で走っておりましたが遂にはフロアを擦るくらいの積雪!まだどんどん雪は降り続くし、このまま峠に向かったら間違いなく遭難しそうな勢いでしたのでここであえなく高山行きを断念。先方にお詫びの電話を入れて引き返してまいりました。この様子だと今年のスキー場は雪に悩ませられることは無さそうですな。でも楽しみにしてた高山ラーメンが食えなかったのが残念であります。

news131.jpg
お茶濁しに今日はちょっと珍しい手持ちキットのご紹介であります。まずはテナリヴのジャガーEタイプ・ライトウェイト。ル・マンのカニンガムの車であります。テナリヴのメタルも随分見かけなくなりましたが、このキットはヴィラネさんのマスターでは無いようであります。でもプロポーションなグー。

news133.jpg
デカールは何とか使えそうな雰囲気もありますが、恐らくバラバラになるでしょうな。

news134.jpg
こちらはトロン・スターのフェラーリ500モンディアル。エンジン付きのキットであります。

news135.jpg
エンジンブロックのパーツの収まりもなかなかよろしい。この手のキットだとフレーム部分のメタルがフニャフニャで作り直し必須、ってパターンが多いんですが、コイツはシャキッとしててそのままでもいけそうな感じです。

news136.jpg
ホイールはトロンのアフターパーツがそのままパッケージされておりますが、ちょっと出来はイマイチ。エッチングパーツもなかなかちゃんとしたものがセットされております。仕様は57年のミッレ・ミリア、2リッター4気筒エンジンのマシンは割と珍しいほうなので、いつか少し作りこんで製作したいなぁと思っております。

Pernelli VPJ4B #10

ホビーフォーラムも盛況のうちに終了したようですが、週末仕事の私は毎度ながらこれらイベントにはなかなか参加できませんので、行かれた皆さんが羨ましい限りであります。掘り出し物探索も大いに魅力的ですが、スケールやジャンルを問わず色んな完成品を見る事が出来るのは良いですよね。そういえばタメオからはいよいよレッドブルRB8のデリバリーが始まったようであります。今年の鈴鹿を盛り上げた例のマシンもどこからかキットが出るらしいので、そうなりますと2012年型はフェラーリ、マクラーレン、レッドブル、ルノー、ザウバーとなんと5車種。久し振りの「当たり年」になりそうですな。出来る事ならプロバンスあたりにも頑張って頂いて、今年のDTMやWTCC、WECのマシンをリリースして頂きたいところであります。

110607paneli.jpg
工作の方は相変わらず牛歩であります。ちょいとウラ作の方がたて込んでおりまして、パーネリに割く時間が少なくなってしまって申し訳無し。で、今回はフロントサス周りを組んでみます。あとここにこの頃のマシンによくあった特徴的なプルロッド式インボードサスが付きます。大半のキットはこの部分を適当にオミットしてますが、TWUではちゃんと再現されております。ただ結構複雑なアーム配置ですので、上手く組むのは手がかかりそうです。

110608paneli.jpg
キットで用意されていたFrダンパーユニットのパーツ。作り直そうかとも思ったんですが、モノコックへの取り付け部分にもスプリングが巻いておりましてちょいと面倒な形であります。とりあえずこれを何とかならんものかいじくってみます。完成してしまうとほぼ見えませんしね。

Pernelli VPJ4B #9

先日ホームセンターをウロウロしておりましたら、ストーブの売り出しを見かけました。以前なら主力商品はファンヒーターだったんですが、震災以降、電気が無くても使用できる燃焼筒式のものの人気が高いようで、売り場の最前面をこのタイプが占めておりました。私が子供の頃はストーブといえばこのタイプが当たり前でして、着火してから暖かくなるまでにややタイムラグが生じる点はデメリットではありますが、電気不要は今のエコ時代にマッチしておりますし、何より湯を沸かしたりスルメを炙ったり、煮炊きが出来るがこのタイプ最大のメリットであります。私も今は自室で小型のファンヒーターを使用しておりますが、久し振りにこのタイプのストーブを使用してみようかと思っております。ヤカンを置いておけばすぐにコーヒーも飲めるし、デカール貼りに使うぬるま湯もすぐに用意できますしね。

110604paneli.jpg
工作はエンジン周りが一段落しましたので、コクピット周辺に掛かります。シートのパーツはこのようなものでして、この時代のマシンによくあるキルティングが入った薄いクッションが貼られたもののようです。

110605paneli.jpg
キットのままでは少し立体感に欠けましたので、鉛板に模様を加工して貼り付けてみました。元の状態よりは少しモコモコした感じになったかな?

110606paneli.jpg
色々パーツの組み方を見ておりましたら、コクピット回りを進めるにはフロントサス周りを先に仕上げていかないとどうも上手くいかないようですので、まずはアップライトを組んでいきます。ブレーキダクトはごく薄いタイプなので掘ったりしなくても良いようなもんですが、一応掘っておきます。幅は0.4mmのドリルが入る程度ですので気を使いながらやってみましたが、ちょっと仕上がりがガサガサしてしまいました。

Pernelli VPJ4B #8

先日の日曜日、仕事で県内を移動しておりましたら、お昼ごろに全日本大学駅伝を見かけました。毎年この時期に開催されておりますが、何故かナマで観戦するのはこれが初めてであります。走り去る選手の速さにも驚きましたが、私が一番目を奪われましたのは、選手と並走する中継用のバイクであります。恐らく何かのサイドカーを改造しているんでしょうが、おおよそバイクとは思えないほど撮影用の機材がくくりつけられて異様な外観になっておりました。昔の映画、マッドマックスをチョイと思い出しましたね。

102403paneli.jpg
工作はエンジン廻りをもう少し。エキゾーストはどうするか悩んでおりましたが結局キットのパーツを使うことに。出口のみ真鍮パイプにしておきます。今回は黒染めではなくて塗装でフィニッシュしようと思っております。

110602paneli.jpg
サイドポッドといいますか、ラジエターハウジングのパーツです。上面のダクトは開口しておきました。

110603paneli.jpg
こんなふうに組み付けるんですが、前方にはスプリッタープレートも付いたりしまして、この車のチョイとゴチャゴチャした部分であります。塗装が面倒臭そう…。

Pernelli VPJ4B #7

忙しく毎日バタバタしておりますとあっという間に日が過ぎてしまいまして少々更新もスローペースになっております。話は変わって、最近寒くなってきたこともありまして、会社での昼食は弁当+「スープ春雨」のパターンが続いております。コンビニなどでは色んな種類のものが売られておりますが、私の好みは酸辣湯とかトムヤムクンとかの「ちょっと酸っぱい系」であります。アッサリしてて美味いんですよね。体も温まるし。

101511paneli.jpg
工作は未だにギヤボックス周りをゴソゴソ。これまで下ごしらえしたり作り直したりしたパーツの収まりを確認しております。メタルのキャストもシャープで良いですね。

102401paneli.jpg
リヤダンパーユニットは挽き物のリッパなものが用意されております。

102402paneli.jpg
ギヤボックスオイルクーラーはパイピングを追加しますが出来がイマイチであります。こりゃやり直しですな。
プロフィール

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。