スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arrows A3 #2

チョイと世間からは遅れましたがようやく私も連休に突入いたしました。休み中2回ほど仕事絡みの寄合の予定はありますが、その他は特に大きな予定も無し、思えば昨年は母が亡くなってゴールデンウィークはバタバタしておりましたので、今年はゆっくり過ごせそうであります。Ws43さんからオフ会のお誘いを受けたんですが予定がバッティング、残念ながら今回は欠席することに。Ws43さん、また懲りずに誘ってね。

042901arwsa3.jpg
ということで、アロウズを進めていきます。ボディー周りはスジ彫りなどの下準備は済みましたので、リヤセクションにかかります。ブレーキダクトはいつものとおり掘り込むのみでOK。

042902arwsa3.jpg
リヤサス、ギヤボックス周りを組んでみます。ギヤボックスはレジンですが、各パーツの精度が良くて感心であります。特に良いのはドライブシャフト。大抵このパーツは作り直す羽目になるんですがコイツはなかなかキャストといい形状といい良く出来ています。やるな、マーシュ。

042903arwsa3.jpg
リヤウィングも組んでみます。メインエレメントがレジンですので組立には接着剤を使用しますが、ここはガッチリ組んでおきましょう。ウィングポストの前面にはエキゾーストの熱から保護するためのヒートインシュレータが貼り付けてありますので、コイツはアルミで作り直してみます。
スポンサーサイト

Ford Escort WRC 97 #22

ここを訪問頂いている殆どの方は明日からゴールデンウィークに入られると思いますが、今回私は少々スタートが遅くて29日まで仕事であります。毎度のごとく連休といいましても特に遠方へ出かける予定も無く、せっかくなので43三昧の休みを過ごそうかなと思っております。

042201escort97.jpg
エスコートは最後の追い込みであります。ブレーキディスクはメタルのパーツがひん曲がってたりしましたのでディスクをワッシャーに交換しました。

042202escort97.jpg
0.4mmステンパイプとエッチングパーツの余りを使用しましてルーフのアンテナベースを作ります。

042203escort97.jpg
穴に貫通させたステンパイプをハンダ付け、小さく削り込んでベースが出来ました。

ということで、この後は削り落としてしまったドアのアウトサイドハンドルなど諸々の小物パーツを作り直して取り付け、無事完成しました。ちょいとのんびり製作しましたのでいつもよりは長くかかってしまいましたが、久し振りの完成でホッとしております。レーシング43はキットによってはキャストがグソグソだったりいたしますが、今回のエスコートは比較的綺麗で組みやすかったです。個人的に気になるところのみパーツを作り直したりしましたが、そのまま組んでも派手なカラーリングが格好良いエスコートが完成します。完成画像はCLUB ACCEL Galleryにアップしますのでまた見てやって下さいまし。Ws43さん、写真メールで送りますね!さて、お次は手を付けているアロウズA3を進めていきたいと思います。最近ちょいとアクセス数が減少傾向なんですが、またしてもマイナーマシンで減少傾向に拍車がかかるかも…。

Ford Escort WRC 97 #21

ヒロからロータス97Tが発売されましたね。97Tといいますとあのセナの初優勝マシンとして有名ですが、今回はそのポルトガルGP以外にベルギー仕様も再現できるそうで、サイドポッドのウィングレット無し、スリックタイヤの仕様が作れるとなるとちょいと欲しくなっております。ロータス時代のセナもこの97Tのハンドリングが最もクイックで気に入っていたそうで、私としては初優勝よりも「セナのお気に入りマシン」としての印象が強いです。今度ラクーンさんへ行ったときにじっくり吟味しようと思います。

042005escort97.jpg
エスコートはインテリアの仕上げに入っております。シートベルトは後端部分をロールバーに結びますのでシートを組み付けてから組んでおります。ラリーカーらしくショルダーパッドを少しゴツいものにしておきましょう。

042006escort97.jpg
その他のパーツも順次組んでいきます。

042007escort97.jpg
フロアを這うワイヤーハーネスやロールバーあたりによくぶら下がってるインカムなどを再現するともう少しゴチャゴチャして良いんでしょうが今回はパス。さて、何とか上手くいけば次回更新くらいで完成の目途がついてまいりました。

Ford Escort WRC 97 #20

先日風邪をひいて寝込んでいる時に退屈しのぎに漫画を読むことにいたしまして、久しく男のコミック「ゴルゴ13」を読みました。昔と変わらぬ鮮やかな仕事ぶりに楽しく読んだんですが、今なお連載の続くこの漫画、最後は一体どんなエンディングになるんでしょうね?私としてはぜひデューク・東郷の出生の秘密が知りたいところであります。

042001escort97.jpg
さて、エスコートの工作もいよいよ終盤戦、研ぎ出しが完了致しました。リヤスポイラーの部分は上にもう一段ウィングが付きますので研いでおりません。頑張って研いだ割には写真にすると何かイマイチ…。

042002escort97.jpg
で、ウィンドゥモールのブラックアウトも完了。

042003escort97.jpg
窓貼り中であります。バキュームのウィンドウは一応磨いたんですがもう少し透明度が欲しいところ。クリアを置こうかとも思ったんですが分厚くなりすぎる感じがしてやめました。

Arrows A3 #1

なんだかんだでボチボチ進めてるエスコートの製作記も早や20回近く、ブログをご覧の方も少々飽きてきたんではなかろうか、ということで、現在並行して製作しておりますモノをご紹介です。キットはマーシュモデルスのアロウズA3であります。70~80年代メインの愛すべき中堅コンテンダーアロウズですが、79年に登場した意欲作A2が大外れ、このA3はごくごくオーソドックスなスタイルであります。ドライバーはF1界の衣笠、いや現代なら金本の方が良いんでしょうか、鉄人リカルド・パトレーゼとヨッヘン・マスという渋すぎる組み合わせであります。

032901arwsa3.jpg
マーシュがフォーミュラのキットを発売するのは珍しいですが、今回のキットはご覧のようにシンプルなパーツ構成であります。メタルのパーツなんかはちょっとテナリヴっぽい感じもしますね。レジンのボディ、その他のパーツはキャストも良好、ホイールもレジンなのが少し惜しいですが、タイヤも綺麗でそのまま使っても良い感じであります。

032903arwsa3.jpg
メタルのアンダートレイのバリをザッと処理して合わせてみますとこのとおりピタリとフィットします。ここらあたりがマーシュの優秀なところですな。

Ford Escort WRC 97 #19

先日不覚にも風邪をひいてしまい、数年ぶりの39度近い発熱でダウンしておりました。とにかく体中の節々は痛いし扁桃腺は腫れあがるしで参りました。20代の頃なら1~2日で治ったものですが、さすがにこの歳になりますとズルズルと後を引いてなかなかスッキリいたしません。歳をとるとダメですねぇ。

040804escort97.jpg
さて、エスコートはデカールも乾燥しましたのでクリアにかかりますが、その前にテールレンズとクリアランスレンズを取り付けておきます。取付け部の塗装を削り落として磨いてから組み付けます。リヤはこんな感じ。で、クリアランスレンズを組み付けようと思ったら今になって片方紛失していることが発覚。小さいので何かの拍子にゴミと一緒に捨ててしまったようであります。しょうがないのでまた作り直す羽目に…。

041501escort97.jpg
クリア乾燥中にインパネなどを組んでいきます。多分実車とは微妙に違うでしょうが、それらしくなったのでヨシであります。

041502escort97.jpg
クリアが硬化いたしました。研ぎ出しにかかりますがこの手の車は小さな面が多いのでエッジを出してしまわないように気を付けなきゃイカンですね。

Ford Escort WRC 97 #18

ジェームス・ハントとニキ・ラウダを描いた映画「RUSH」が9月に公開されるそうであります。トレーラーのムービーを見ましたが、私のようなオールドファンにはシビれる映像の連続、マシンの映像は恐らくCGがメインなんでしょうが、旧ニュルのシーンなんか最高であります。こりゃ多聞公開以降はM23とT2のキットが売れるでしょうから今のうちにキープしておこうかな…。

040801escort97.jpg
工作は塗装であります。白を吹いた後にデカールを元にしてマスキングテープをカット、マスキングしております。この後赤を吹くわけですが、室内は白のままにしないといけないのでボディー内側にもしっかり詰め物をしてから吹きます。

040802escort97.jpg
赤が完了しました。今回は特にこだわりなくクレオスの#3レッドであります。多少漏れましたが修正可能ですのでヨシとします。

040803escort97.jpg
デカールもガンガン貼っていきます。ザンケッティ製のデカールはソフターもよく効いて素晴らしく貼りやすいんですが、ロゴが全体にデカくてスペースのバランスをとるのに苦労します。まだスジボリ部の処理などが残っていますが、こうなると一気にラリーカーっぽくなって格好良い!

Ford Escort WRC 97 #17

私はあまりプロ野球には興味は無くて、とりあえず試合結果が判ればそれで充分、というくらいであります。TVの試合中継も殆ど見ないんですが、先日ニュースのダイジェストでチラリと見た阪神の新人ピッチャー、藤浪選手は久し振りに将来大物になる予感が致します。球速もさることながら、落差の大きいフォーク、シュートなんでしょうか、右に曲がりながら右バッターの足元に落ちていく球には驚きました。TVの画面であれほどハッキリ判るんですからスゴイですな。ひょっとすると5年後にはダルビッシュ級になるやもしれません。久々に活躍が楽しみな選手ですね。

032905escort97.jpg
工作は塗装前の最後の忘れ物、エキゾーストパイプです。出口のみ真鍮パイプにしてOK。

032906escort97.jpg
固定ナットはセンタートンネルの前端部に埋め込むようにハンダ付け。この位置ならインパネのパーツの下になるのでOKです。

032907escort97.jpg
ようやく塗装開始であります。まずは捨てサフを置きまして表面をならしております。レーシング43にしては比較的綺麗なキャストでしたので大丈夫かな、とも思いましたが念のため。この車のカラーリングは赤と白の2ブロックでして、キットでは白の部分がデカールで用意されております。ただ、前後バンパー回りなどの複雑な部位ですのでデカールは使わずに塗り分けようと思います。
プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。