スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lola T89/00 #15.1

遅くなりましたがローラの完成写真をGalleryに追加いたしました。宜しければ見てやって下さいまし。
スポンサーサイト

Lola T89/00 #15

時々「けしからぬモノ」が映りこんでしまったりして話題を振りまいております某地図サービスのストリートビューですが、着々と田舎の道路までデータを収集しているようで、先日暇つぶしに見てみたらなんと我が家の前の道まで映っておりました。しかも通りから見えるガレージにはマイカーが!何時カメラカーが通っていたのかは全く解りませんが、ちょっとビックリ致しました。しかしここまで充実してくると、本当に世界中どこでも見て歩くことが出来るようになる日も近いですな。いやぁホントに驚いた…。

092205t89.jpg
さて、工作は完成までの追い込み。細かい部品も組んでいきます。フューエルフィラーやらポップオフバルブやらを組んでいきます。

092206t89.jpg
いつものようにタイヤも接着。この後はリヤウィング、ホイールカバー等々を組みまして無事完成いたしました。昔からインディカーはイマイチ人気が無くて作例もあまり見かけませんが、デカいロゴの派手なスポンサーカラーを身にまとって、F1とは一味違う格好良さがありますよね。完成画像はまたしても後ほどGalleryにアップいたしますので暫し待ってやってくださいまし。

ということでお次は手を付けたフェラーリ512Sなんですが、今頃になって250SWBやら375MMの箱も開けたりしておりますのでひょっとすると変更してしまうかも…。

Lola T89/00 #14

時折ナイスなポイントを突いたアイテムを出してくるあのディアゴスティーニの新作はなんとウルフ・カウンタック。1/8スケール、全長52cmというのも驚きですが、写真を見る限りディティールもまずまず、さらにメーター照明まで点灯するとのことでチョイと食付き気味になっております。こんなデカいもの一体どこで作るんだとか、完成まで1年半以上掛かるとか、トータル14万以上かかるとかいう現実も冷静に考えてはおりますが、コイツは結構魅力的…。ムム。

092203t89.jpg
工作は前回作ったテンションワイヤーのパーツを組付けます。ワイヤーは0.2㎜の洋白線でいきます。

092204t89.jpg
ミラーとスクリーンも取り付けました。フォーミュラの割にデカいミラーなんで映り込みも出来てグー。

news175.jpg
こちらはチラ見せのウラ作であります。ちょっとデカいスケールのやつですがコイツがまた予想以上の難物で、次から次へと難儀な箇所が発生中であります。

Lola T89/00 #13

今日は会社の運動会でした。昨年まではずっとソフトボール大会だったんですが、今年からは趣向を変えて運動会であります。種目は玉入れとか綱引きとか結構ベタなものでしたが、普段の運動不足と体力の衰えを痛感する羽目に。気持ちは20代の頃と変わらないんですが、この年になると体が付いてきませんねぇ。来年はもう少ししっかり体を慣らしておくことにいたします。

091706t89.jpg
工作は組立てに入っております。リヤサス周りを組みました。アッサリとしておりますがまぁこれでヨシ。

091707t89.jpg
前周りもこう。素組みレベルであります。

092201t89.jpg
Fウィングはノーズからのテンションワイヤーが付いていますので、ノーズ側に付くブラケットを作ることにします。帯金に穴を開けて…

092202t89.jpg
削り出してこういう風にします。これをノーズの穴に差し込もうということであります。

Lola T89/00 #12

昔「オーバーエンジニアリング」っていう言葉を聞いたことがあります。日本語に訳すならば「やり過ぎ」ってな意味合いになると思いますが、最近は車にしろスマホにしろ、どうもこのオーバーエンジニアリングなモノが多いように思います。作る側は少しでも商品性を上げようといろんなアイデアを盛り込んでくるんですが、度を越してしまうと結局出来上がるのはただ目新しいだけで大して役に立たないものなってしまいますよね。で、苦労して手に入れてもすぐに飽きちゃってまた次が欲しくなるという…。道具をどう使うかとか、モノの本当の価値とか、盲目にならないように気を付けたいですな。

091703t89.jpg
さて、工作はシートベルトに続いて切り飛ばしてしまった消火器を作り直しております。アルミ棒に帯金を巻いて一丁上がり。

091704t89.jpg
こんな感じで収まります。

091705t89.jpg
シフトレバーは洋白線とアルミパイプを組み合わせてこんな感じにしました。実車がよく解らなかったのでここら辺はイメージであります。

Lola T89/00 #11

先日受けた健康診断の結果が今日帰ってきました。私ももうそれなりの歳ですので人並みに気にはしておりますが、その甲斐あってか、ここ何年かは特に異状なく来ております。ただ今回は健康診断がある日をスッパリ忘れておりまして、前日の夕食、当日の朝食とも普段通りに食べてしまいましたのでちょいと血糖値がB判定でありました。私が一番気を付けているのは、極力外食をしないこと、三食きちんととること、特に朝食をちゃんと摂ることであります。で、ざっと計算して一日あたり2500Kcalを超えないようにしているとベストコンディションが維持できるようです。

091102t89.jpg
さて工作。研ぎ出しにかかりますが、今回は比較的明るいカラーですのでまずは#1200でザックリいきます。

091103t89.jpg
研ぎ出しとブラックアウトが完了致しました。ツルツルになって握ってても気持ちいいですな。

091701t89.jpg
お次はシート。シートベルト用の薄く延ばした鉛板をカットします。今回はメッシュ模様無しで作ります。

091702t89.jpg
余り物パーツの中から使えそうなバックル類を探してきまして作成中であります。実車の当時の様子がわかる写真はありませんので、ごく普通の6点ベルトにしておきます。

Lola T89/00 #10

久し振りに大型の台風が来襲しましてここ鈴鹿も夜半過ぎから朝10時ころまで猛烈な雨と風に見舞われました。我が家の周りも田んぼの用水路が溢れてきまして、危うく車が水没しそうになりました。出勤途中に見た鈴鹿川の水位もかなりヤバいところまで来ておりまして、一時は心配いたしましたが何とか大丈夫でホッとしましたが、全国各地では被害が広がっているようです。今年はやたらと自然災害が多いように思いますが、これ以上何も無いことを祈るばかりであります。

090301t89.jpg
ということで工作ですが、ようやくデカールを貼りました。ちょっとキットが古かったのでデカールがパサパサに乾燥しておりまして、糊が効かなくてちょいと苦労いたしました。

091101t89.jpg
デカール乾燥後はスジ彫りのカットと落とし込みはいつものように終了、クリアを吹きます。途中で一部のデカールにシルバリングが!こりゃマズイと針でつついたりして何とか手を打ちましたが完全には消えませんでした。ほとんど目立たなくなったので良いような気もしますが、サイドポッドのクラコのロゴの後ろにあるグッドイヤーのデカールです。わかります?

Lola T89/00 #9

F1では例年のようにそろそろドライバーがザワザワしておりますが、近年ではどちらかといいますと「コンストラクター選手権」の様相を呈しておりますので、誰が何に乗ろうがさして大勢には変化無しと見ましてあまり興味はありません。それよりもこの9月には1年振りにまたWTCCが鈴鹿にやってまいります。相変わらずシボレーのイヴァン・ミュラーが強力ではありますが、シビックも本格参戦1年目にしては上々の出来、名手G・タルクィーニの腕でもって、何とかお膝元では格好良いところを見せたいでしょうから気合も入っていそうです。来年はシトローエンもワークス参戦しますし、セアトも新型レオン投入と話題豊富なWTCC、今回はスーパー耐久が同時開催で、しかもこのスーパー耐久も40分のスプリントレースが3レースとのことですので面白いイベントになりそうです。地元民でありながら見に行くことは出来ませんが、何とかTVの地上波で放映してくれませんかねぇ…。

082109t89.jpg
さて工作であります。ミラーも粗末なパーツでしたが整形して使うことにしました。確か昔はこういうタマゴ型のミラーを「カリフォルニアミラー」って呼んでた記憶があるんですが…。どこが「カリフォルニア」なんだか良く判りませんが(^^)

082110t89.jpg
ホイールはキラキラのメッキがかけられております。実車はどうやら黒いホイールを履いてたことが多いようですが、せっかくなんでインディカーらしいキラキラホイールで作ろうかと思います。

083002t89.jpg
ボディーはベースの黄色まで塗装が完了。キットには青のベタデカールが用意されておりますが、大抵この手のデカールは失敗いたしますので塗り分けます。赤いストライプだけは切り出して使いましょうかね。

083003t89.jpg
塗り分けまで完了。塗り分けラインが比較的簡単でしたので助かりましたが、ちょっとだけ吹き漏らしてしまいましたのでチョイチョイとペーパーで削って修正しました。

Lola T89/00 #8

先日コメントを頂きましたトマソンさんのブログ「Modelado Bonito」をリンクに追加いたしました。1/43・1/20のF1を中心に製作されています。丁寧な仕上げは私も見習わないといけませんな。

さて、遂に東京にオリンピックがやってくるわけですが、私が生きてる間には無理なんじゃないかと思っておりましたのでビックリいたしました。出来る事なら何かひとつでもいいのでナマで競技を見てみたいですね。あと、ただ浮かれるだけじゃなくて、世界の注目が集まる7年後までには力強く立ち直った日本を見てもらえるように、震災復興や原発の問題解決にしっかり取り組まないといけませんね。

082108t89.jpg
さて工作。ステアリングはこの当時のキットによくあるプラの悲しいパーツとなっておりましたので作り直し。そういえばF1のこういうステアリングって、サッと使えるアフターパーツって無いですよね。ハコ車のは結構有るのになぁ…。

082105t89.jpg
左右に付くフューエルリッドは真鍮エッチングですのでアルミで作り直すことにしました。まずは瞬着でガッチリアルミ板に貼り付けまして、キットのパーツもろとも穴を開け、切り出すことにいたします。

082106t89.jpg
出来ました。

082107t89.jpg
こちらは左側に付くリッドですが給油リグを差し込む方ですので少し厚手にして穴加工しました。あら?まだ穴にバリが残ってますな。

Lola T89/00 #7

私の住むここ鈴鹿市近辺、今年は何とか集中豪雨に見舞われること無く過ぎておりましたが、今週の天気は結構荒れておりました。伊勢市内で竜巻が発生した日は夕方からとにかく雷がすごくて、空一面に走る稲光を見たのは初めてでした。幸い今のところこれといった被害は無いんですが、毎年この季節がこんなことになるとなるとちょっと嫌ですねぇ。話は変わって、フェニックス43というブランドからアストンDB4GTザガートが発売されます。旧フェニックスのマスターを使ったものだそうですので結構良さそうでして、ビシッと作ってアイドロンの完成品と比べてみるのも面白そうですな。


082104t89.jpg
さて、ローラはボディ関連は捨てサフを置いたりしておりまして、今日はその寸前に工作していた内容です。ボディサイドにはインディカーらしいフィンが付きます。ここはシャープになってよろしい。

082102t89.jpg
フロントサスもキットのパーツを使いますので少し細く、丸くしておきます。

082103t89.jpg
ロアアーム前側の穴が四角く開口してしまいますが今回はこのままGOです。気合入れるなら切り離して差し込みですが面倒臭いので(^^;

it may be a turning point.

先日製作しましたロータス97Tですが、今回ひょんなことから専門誌「GP Car Story Vol.5」に掲載して頂けることになりました。シリーズ第5弾でロータス97Tを取り上げておりますこちらの本、各グランプリ毎の仕様違いも解説されているそうですので製作ガイドとしても威力を発揮してくれそうであります。6日(金)には書店に並ぶそうですのでもしよろしければ見てやってください。
で、この件の関係でラクーンさんにお邪魔しまして、編集に携わられたジョー・高安氏に今回お会いすることが出来ました。過去には様々な誌面でモデルカーに関する執筆をされておりました氏は現在も精力的に活動されておりまして、最近ではもっぱら実車関係の仕事が増えているとのことです。今回は色々と貴重なお話を伺うことができまして有意義な時間をすごすことが出来ました。このような機会を頂いたラクーンさん、高安氏に感謝であります。

news171.jpg
ということで、せっかくお店にお邪魔しましたので少し目に留まったものであります。まずはヒロのブラバムBT52。相変わらず緻密なインストでありますが、このモデルはモノコックもシャキッとしたメタルですので組みやすそうに見えました。売れ筋はどうやら後期型のようですな。人気のある車なので近いうちにどなたかの作例を拝むことができそうであります。

news172.jpg
お次はタメオのメーカー完成品、レッドブルRB8であります。このところ随分仕上がりはよくなって来ておりまして順調に売れているそうですが、やはり私のような人間が見ますと細部の仕上げにはやや満足できないところも…。ただこの価格でタメオの完成品が手に入るとなると魅力なのかもしれませんな。

news173.jpg
取り置きをお願いしておいたキットもいただいてまいりました。まずはエスプリ43のフェラーリ375MM・カレラ・パナメリカであります。真鍮マスターならではの綺麗なキャスト。

news174.jpg
もうひとつはミネルバ43のフェラーリ275GTB/C、仕様は65年ル・マン、ノーズの短い前期型であります。左はAMRufの66年ル・マンでしてロングノーズで目がデカいタイプであります。こうしてみるとまったく別の車って言うくらい違いがありますな。275GTB自体、様々なバージョンがありますのでここは自分の好みのものを作るのが良いんでしょうね。

あと、かなり先の長い話ですがモデルアート111のマセラティA6GCSもお願いしておきました。前作の250GTベルトーネもあまり数が出回りませんでしたので気になる方は押さえておくのが賢明と思われます。発売は来年年初の予定ですが、多少は遅れるかもしれませんね。

Ferrari 512S #1

先日またしても三重県で凶悪事件が発生いたしました。現場のごく近所には会社の部下の自宅があったり、同じ中学校を卒業した社員もいたりしまして社内でも皆が心配しております。報道内容から察するに恐らくちょっとまともではない精神状態を持った人間の通り魔的な犯行のように思えますが、同じ子を持つ親としましては絶対に許せません。ここは三重県警察本部の威信にかけても犯人を捜し出して法の制裁を受けさせて頂きたいところであります。どちらにしてもこのような犯人をいつまでも野に放っておくわけにはいきませんしね。

083002512s.jpg
気分を変えまして工作であります。ローラはなんだかんだで塗装工程に入りましたのでちょっとずつ次のヤツを進めることにいたしました。で、選びましたのはご覧のフェラーリ512Sであります。仕様は70年ル・マン、エキュリー・フランコルシャンの12号車であります。ドッサリ出場した512Sの中で唯一黄色いカラーリングの格好良いヤツですね。実車やこの年のル・マンに関してはもはやグダグダ書く事も無いほど有名ですので割愛いたしまして早速キットであります。ちょいと貴重なBBRのメタルキット、リヤカウルのみ外れてエンジンが再現されているモデルになります。今回もこの550馬力を絞り出すバンク角60度、5リッターV12エンジンの排気音が聞こえてきそうな佇まいを目指して製作してみます。さて、上手くいくことやら…。

083001512s.jpg
エッチングも適材適所、多過ぎず少な過ぎずでまずまずよろしい。ボディー各部のフィンは仕様違いのキットへの対応のためか、エッチングで用意されてるのは嬉しいところであります。

083003512s.jpg
ホイールディスクはちゃんとプレスでアールが付いております。タイヤはやはりちょっとイマイチですのでまたしてもフジヤさんに登場いただきましょう。ということで、あくまでもこちらはボチボチゆっくりと行きますのでよろしくです。
プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。