スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ferrari 375MM #8

日本シリーズが盛り上がっておりますね。今日からは東京ドームでの試合となりますが、私としては今年は楽天に勝って欲しいところであります。一度派手に盛り上がる東北を見てみたいですし、楽天もきっと何かしらバーゲンをしてくれるでしょうからね(笑)

102209375mm.jpg
工作はバンパーの仕上げ工程です。何だかんだしてようやく形が決まってまいりました。

102301375mm.jpg
磨きを入れて仕上げます。最後はバフでピカピカに。キットのメッキパーツと比較すると輝きがしっとりとして良い感じです。

102303375mm.jpg
フィット感もまずまずヨシであります。さ、次はリヤにかかりましょう。
スポンサーサイト

Ferrari 375MM #7

北陸の古都、金沢へ出張で行ってまいりました。ひょっとするとそろそろ紅葉も始まっているんではないかと期待しておりましたが、残念ながら2日間とも雨に見舞われてしまいました。景色は今一つ楽しめませんでしたが、夜は美味しいものを色々と堪能させて頂いて大満足。久し振りに飲み過ぎて翌日は二日酔いの体たらくでありました。今回は車で行ったんですが総走行距離は650Km、山越えのルートながらマイカーの燃費はなんと18Km/lをマーク。ちなみに今流行のHVじゃないですからね。いやぁ、最近の車は大したもんだ。

102205375mm.jpg
工作は前回の続き。ひたすら叩いてここまで来ました。

102206375mm.jpg
で、元のパーツをゲージに曲げていきます。鋭角に曲げたい部分はカットを入れて、ハンダを流しておきます。接着剤の代わりみたいなモノであります。

102207375mm.jpg
さらに曲げたり削ったりしながら形を出していきます。ここら辺はヤスリ一丁でズイズイ削ります。

102208375mm.jpg
縦のバーも付けていきます。まずは大まかな形にカットしたものをハンダ付け、ここから整形していきます。

Ferrari 375MM #6

DTMの2013シーズンが幕を閉じました。ドライバーズタイトルはアウディのマイク・ロッケンフェラー、マニュファクチャラーはBMWとなったわけですが、今年も毎戦楽しませてもらいました。ホイールトゥホイール、バンパートゥバンパーの接近戦、軽いコンタクトは当たり前という風土がシビれます。マシンのカラーリングはどれも格好良いし、出来る事なら一度ナマで観戦してみたいものであります。最終戦はあのティモ・グロックが初優勝したんですが、最終ラップの最終コーナーを立ち上がり、フィニッシュラインを通過する時にはまるでオリンピックの開会式よろしく、コース両サイドからマシンを追いかけるようにシュバババ!と花火が上がるところなんぞ、最終戦を感動的に演出しておりました。ウィニングラップでは各マシンがコースのあちこちのランオフエリアでグルグルスピンターンしてファンにアピール、こういうファンサービスも嬉しいですねぇ。もし今のF1で同じことしたら「危険な行為を行った」で次戦10グリッド降格、なんてことになるんでしょうな(笑)

102202375mm.jpg
さてと、工作であります。ドアの内張りパーツはエッチングを重ね合わせて立体的に再現できます。インサイドハンドルとストラップは資料を見ながら作り直すことにいたします。

102201375mm.jpg
今回ホイールはボシカを使うことにしました。いくつか種類のあるボシカホイールの中から、リムの浅いタイプと3スピンナーを選択いたします。右側はキットのものですが、タイヤのハイトが小さいので少し実車とイメージが異なるようです。タイヤはフジヤさんのダンロップでいきましょう。

102203375mm.jpg
お次はバンパーの作り直しにかかります。コイツはムクのスズ材(ピュータ)であります。まずはコイツを叩き伸ばして良い太さになるようにしていきます。

102204375mm.jpg
チッピングハンマーでコンコン叩いてこのくらいまで来ました。デカいハンマーでやっつければ早いんですが、デカいものは小ワザも効きにくいですので、ここは根気よくいきます。

Ferrari 375MM #5

今日のWEC富士は生憎の雨で残念なレースになりましたね。ここ鈴鹿も朝からかなりの雨量でしたので心配しておりましたが、あそこまで降ると止むを得ないでしょうな。そういえばまたデカい台風が接近しておりますが、ちょうど本土に接近する頃に金沢まで出張なんですよね。車で行くつもりなんですが通行止めとか無いと良いんですが…。

101901375mm.jpg
375MMは微速前進。シャシとインテリアパーツにかかります。インパネは中央の部分が何も無いのでスイッチ用の穴を開けます。

101902375mm.jpg
シートやら何やらのパーツもしっかりしてるので特にストレスなくピタリと収まります。さすが高級キット。

101904375mm.jpg
ボデイを被せてもこのとおり。スラスラっと進みますな。

Ferrari 375MM #4

昨日はラクーンさんにお邪魔しておりました。途中の伊勢湾岸道ではマクラーレンのロゴが入った大きなコンテナを積んだトレーラーを目撃。鈴鹿からセントレアへ向かう途中だったんでしょうね。祝日だったということでお店にもF1帰りのお客様も来店しておりました。今年の日本GP、報道を見ますと例年に比べてやや観客数が減ったとか、どうやら日本人ドライバーが居ないのが原因ではないかとのことでしたが、ホンダのカムバックに合わせて誰かが乗れるようになると良いですな。

101401375mm.jpg
375MMも進めております。ウィンドウを合わせようと思いますがこのキット、なぜかバキュームが3つ入っております。しかもルーフの部分に2と入ったものが1個、3と入ったものが2個であります。どこが違うのかよく解りませんが、とりあえず3の方で進めてみます。

101402375mm.jpg
フロント、リヤとも特に問題なく合うようであります。サイドは平板で作り直しますのでこれでヨシ。2って一体何なんですかね?

101403375mm.jpg
サイドのエッチングもチェック。少しキャストの良くなかったピラーを修正して合わせます。塗装のクリアランスはこのくらいで行けると踏んでおります。

The Defence force

何やらアジア各国間に妙な緊張感が漂っております今日この頃ですが、そんな中、先日我が家で珍しい生き物を発見いたしました。

news178.jpg
ヤモリであります。体長は約3cmほど、まだ子供のようでありますが、階段の手すりにへばり付いております。ちょっと触ろうとしたらシャシャシャッと逃げてしまいましたが、漢字で書きますと家を守ると書いて「家守」。早速我が家の防衛隊長として任命いたしましたので、しっかりと任務を果たしてくれるよう期待することにいたします。

101410250trsp.jpg
こちらはウラ作でして、珍しくキャストしております。チョイと珍しい車なんですが、作り起こさなきゃならんパーツが結構ありまして大変であります。

F1は絶好の天気に恵まれて良かったですな。さほど幹線道路は渋滞してなかったようですが、皆様無事に帰宅できましたかね?

Ferrari 375MM #3

今週は日本GP、ここ鈴鹿は毎年のようにF1ムードが高まっております。何だかんだ言っても街の雰囲気までが何かしらレースっぽくなるのはF1だけですねぇ。タイトルの方はほぼ決まっておりますのでそういう緊張感はありませんが、観戦に行かれる方が楽しめるようなエキサイティングなレースになると良いですな。私的には翌週のWECの方がちょっと気になっておりまして、せめて日本ラウンドくらいは深夜枠でも良いのでTVで見られたらなぁと思っております。

100901375mm.jpg
さて工作。前回やりかけたスジ彫り修正はこんな感じになっております。

100902375mm.jpg
スジ彫りも含め、諸々の下拵えが一応完了致しました。今回前後のウィンドウモールはモールドがしっかりしてるので磨き出しでいこうと思います。ここまで結構時間がかかっておりますが、メタルキットの良いところって、こういう風に製作途中の状態でも綺麗なところですよね。

Ferrari 375MM #2

夏バテならぬ「秋バテ」ってのがあるそうです。どうやら夏場にクーラーの効いた(ちなみに会社の若い衆に言わせると“クーラー”ってのはもはや死語らしいです。エアコンって言わないと通じないみたいですな。)部屋と暑い屋外との出入りが多いと症状が出やすいらしく、だるい、食欲が無い等の困った状態になるそうであります。そういえば私も最近やたらと疲れやすいし、夜はすぐに眠くなるし、何となく食欲も湧かなくなるしで、ひょっとすると秋バテなのかもしれないなぁ…。チョコラBBとか飲んだほうが良いんだろか…。

100501375mm.jpg
とかいいながら工作はしております。まずは地味な下地準備としまして定番の作業。ボディーの裏面とホイールハウス内を綺麗にします。フェンダー部分は特に極力ギリギリまで攻め込んでおきます。

100104375mm.jpg
エンジンフードのアウトレットルーバーも抜いておきましょう。まだちょっと汚いし、ピッチも不揃いなので仕上げないとイカンですが、塗装のことを考えてこの時点ではデカめに感じるくらいにします。

100502375mm.jpg
今回は高いキットなので(笑)、真面目にスジ彫りも直します。写真はキットの状態に一発ツールをなぞったところですが、光硬化パテを利用してエッジを出す修正をしていきます。パテなんかで大丈夫?と思われるかもしれませんが、私の経験上、下手にハンダで修正するより簡単で上手くいきます。4~5年経過してもハンダみたいに経年変化でスジが浮いてきたりすることもありません。

What a big one!

先日申し込みましたディアゴスティーニのカウンタック、創刊号が届きました。

news176.jpg
予想に反してたったこれだけのパーツなのに結構ズッシリと重いです。はやる心を抑えて早速オープン!

news177.jpg
でかっ!!リヤウィングだけでなんとこの大きさ。楽々43のボディが乗りますな。ホイールも巨大であります。感心したのはブラーボホイールにちゃんとカンパニョーロのロゴがあったこと。チマチマ組んでいっても部屋が散らかるだけですので、とりあえず8割くらいのパーツが届くまでは箱のまま積み上げておく予定です。忘れたころに製作記を始めますね。

Ferrari 375MM #1

先日チョイと書いておりましたディアゴスティーニのカウンタックですが、何を血迷ったか申し込んでしまいました…。完成した後何処に置くんだとか考えれば考えるほど無謀な気はしますが、まぁたまにはこういうお戯れも良いんではないかと。とりあえず申し込みはしたものの、まだ何も手元には届いておりませんが、正直ちょっとワクワクする気持ちもあったりしております(笑)

100101375mm.jpg
ということで、早速予告どおり車種を変更、お次はこれに致しました。キットはエスプリ43のもので、様々なタイプが存在する375MMの中のシャシNo0378AMのものであります。製作にあたって資料写真を探したんですが、この個体は現在この状態で現存していないのか、殆ど見つかりませんでした。どうやらオリジナルは当時薄いブルーメタリックだったようですが、色目はイマイチ不明であります。インテリアはブラウンとアイボリーの2トーンレザー貼り、豪華なグランドツーリングベルリネッタであります。

100103375mm.jpg
特筆すべきパーツはこのグリル。Zモデルのパーツにお世話にならなくてもいけますな。

100102375mm.jpg
前後バンパーはメッキパーツがセットされておりますが、光り方がペラペラして安っぽいので久し振りにスズで作り直そうと思います。久々の本格ハコ車、上品な感じを目指してチャレンジ開始であります。
プロフィール

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。