スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lotus72E #1

次の製作は何にするかしばらく悩んでありましたが、最近ハコ車率が少々高いような気もしますのでフォーミュラでいくことにいたしました。候補に挙がりましたのはThis Way UpのブラバムBT33、SRCのロータス72Eであります。BT33もなかなか格好良いマシンですので捨て難いところなんですが、最近プラキットが発売されたりヒロさんから写真集が発売されたりと密かにブームの予感がしております72で決定。

06020172e.jpg
キットはこのようなフォーマットでSRCスタンダードであります。現在SRCというメーカーは存在しませんが、SMTSがマスターその他を買い取って幾つかのモデルは再販しております。聞いたところによりますとデカールの用意できるものは再販してるんだとか。今回製作しますのもこのSMTSが再販したものでして、懸念されるデカールも綺麗な状態であります。SRCオリジナルで発売してた頃にはかなりの数が売れたキットですから過去に製作された方も多いと思います。できれば78とか79も再販して頂きたいところであります。私はタメオの凄いキットよりも何故かこっちに惹かれるんですよねぇ。

06020272e.jpg
このキットは72年のDと74年のEが製作できるようになっております。よってパーツもサイドポッド、リヤウィング、インダクションポッドなどが2バージョン用意されております。エマーソンのD、シャシーナンバーR5っていうのも魅力的なんですが、今回は私の好きなピーターソンのEで作ります。デカールもこのように用意されておりまして、前述のように新しい分コンディションは良好であります。

06020372e.jpg
Eはモノコックに左右モナカ構造でカウルが被っておりますので、このパーツなどは組み付けてから塗装になります。モノコック表面にあるリベット表現も不要になりますね。SRCのキットを作る時はディティールの再現をどうするか、どこかで割り切る覚悟が必要ですね。もし凄い完成度にしたいならタメオのキットを組んだ方が結果的に楽です。自分的に拘りたいところをハッキリさせて工作した方が楽しいですし、そういうキットの方がビルダーの個性が出て面白いと思います。今回も極力キットのパーツを生かしながら組んでみようと思います。今のところ手を加えたいのはウィング翼端板、リヤのサス周り、エキゾーストマニホールド、インジェクター、ミラー、ロールバー、タイヤ、あとコクピット周りを少々。ここら辺のパーツを作り直すか交換するかしてみようと思っております。久々の「黒いロータス」、既にお気に入りになりそうな予感がしております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメント遅くてすみません、ミウラ完成おめでとうございます。
どうすればこんなにすっきりできるのか、一度ナマで見たいです(笑)。

「私はタメオの凄いキットよりも何故かこっちに惹かれるんですよねぇ」、これ私も同感です、最近のキットはすごく良く出来ていて手の加え甲斐がない、作りやすいのだからそれはそれで良いのですが色々手を加えて作るキットに味わいを感じますねぇ。

まるおさんこんにちは。
現物見ると意外とアラがあったりしてガックリするかも(^^)
タメオでも昔のヤツは結構色々手を入れて楽しんだもんですけど、先日作ったメルセデスなんかでも
何にもしなくても良い出来になるんですよね。それはそれで凄いんですけど、私みたいな人間はヒドイ
出来のキットを組み上げる事に変な快感を感じているという…。キットメーカーからすると困った客
だと思います(笑)。「ゴミみたいなキットをこんなに苦労して完成させました選手権」があったら
真っ先に参加したいです(^^)
プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。