スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lotus72E #8

先日今年のDTMの動画を見ました。今年からは久し振りにBMWも復活しまして、メルセデス・アウディ・BMWとドイツNo1を争う熱いチャンピオンシップになりましたね。現行マシンは以前のようなハイテクが禁止されておりますので見ていてもドライバーのテクニックがよく分かって面白いですし何より格好良いです。今回はラウジッツリンクとブランズハッチのレースを見たんですが、ブランズハッチは何時の間にか随分綺麗になったんですね。思い切りピット側に傾いたホームストレートでスタートするマシンがホイールスピンでズルズルピット側にスライドしていくシーンは70~80年代のF1のスタートシーンを思い出しました。

06180372e.jpg
先回作ったロアアームを取り付けてみます。ギヤボックス横のパイプにトーションスプリングのパーツを仕込む予定です。

06180472e.jpg
前にまーさんさんから質問頂きました「インチキ旋盤」でドライブシャフトのブーツを作ります。タメオのパーツなんかもあるんですけど少しサイズが大きすぎますので今回は作ることに致しました。作り方はご覧のとおり非常に原始的でして、ルーターに取り付けたフレキシブルシャフトのチャックをミニバイスに固定、刃物を当てて削ります。この時回転数はなるべく高めにして刃物が食い込むのを防ぎます。アルミのような柔らかい素材なら切削油のようなものは不要ですし、何しろ本格旋盤をスタンバイする手間がありませんのでちょっとしたパーツはいつもこれで済ましちゃってます。ただし咥えられるのが5mm程までですので、ホイールなどの大きなパーツはちゃんとした旋盤じゃないとダメであります。

06180572e.jpg
ちょいとバラつきがありますがそれらしいモノが一応完成。上の1個は失敗作であります。後はシャフトが刺さる穴を加工すればそれらしくなりそうであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど

なんかいつもわがまま聞いてもらってるようで恐縮です。なんの恩返しも出来ないのがもどかしいです。
フレキシブルシャフトですか、知りませんでした。それにしても削除量はアバウトですか?

こんばんは。
もっと解りやすい写真が撮れたら良かったんですけど、何せ作業中は両手がフル稼働でして写真が
撮れないんです…。当てる刃物は彫刻刀を加工したものとかドライバーを加工して作ったノミとかです。
削る量は一応ノギスとかスケールとか当てながらやってますけど、今回みたいな小さなものになると
バラついてしまいます。これは腕のせいですけど(^^; 
プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。