スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作開始!

ラクーンさんのサイトによりますとなんとタメオが1/64スケール第2弾、126CKをリリースするようであります。前回のMP4/4が思いの外売れなかったのか、もう64スケールはやらないというような噂を聞いておりましたが、ここへきて嬉しいサプライズであります。仕様は43と同じモナコですので、CADデータはそのまま流用したのかもしれませんが、リーフレットを見る限りエンジン回りのパーツも充実しているようですので、ちょいと期待しております。

101701011.jpg
フェラーリ640は?という声が聞こえてきそうでありますが、あちらはノンビリとではありますが進捗しております。まぁ完成は全く焦っておりませんので、これからもちょくちょくアップさせて頂きます。で、ボグゾールも完成したことだし、ごそごそと新しいキットの箱を開けてしまいました。マシンはこれ、ティレル011であります。仕様は82年のラスベガス、M.アルボレートの初優勝マシンであります。

102001011.jpg
アルボレートといいますとフェラーリのドライバーとしての印象が強いかもしれませんが、かのエンツォの目に留まるきっかけになりましたのがこのティレルでの好走でありました。82年のティレルはターボ化に乗り遅れた上にシャシの戦闘力も今一つ、おまけにシーズンを通してのメインスポンサー獲得もままならない状態でありまして、よくまぁこの車で勝てたもんだと当時は驚いた記憶があります。ということでレース毎に色々なカラーリングが存在するマシンでありますが、最終戦ラスベガスは濃いグリーンにデニムのデカいロゴが目立つ仕様であります。タメオからはこの他にブルーパープルのボディーカラーにキャンディのスポンサーが付いたサンマリノ仕様も発売されておりまして、エンジンカウルやサイドポンツーンのデザインが異なるこちらもなかなか格好ヨイです。

102002011.jpg
プロポーションキットではありますが、エンジンやギヤボックスもありまして、フルディティールに近い構成であります。ヘッドカバーはカウルとの干渉を避けるためか、下側がフラットになっております。それにしてもこのタメオのDFVとヒューランドギヤボックスの出来には感心致します。43スケールとしてはもうこれ以上望むのは贅沢なんじゃなかろうかと思ってしまいますな。今回はプラグコードやらフューエルインジェクターといった定番の追加工作と、ブリーザーパイプやギヤシフトリンケージを追加するくらいにしようかと思っております。エキゾーストは単純な形ですのでチタンで作り直す予定であります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。