スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィッツ ドリームカップ 2011

ということで、行ってまいりました。結果から申しますと残念ながら我がチームはスタート1時間と少しで無念のエンジントラブルでリタイヤ!でありました。富士でのレースも久し振り、初めての耐久レースということでなかなか上手くいきませんでしたが、ちょっと今回は悔しい結果でしたので、是非またリベンジしたいところであります。

news56.jpg
富士へ来ますのは多分3年ぶりくらいだと思うんですが、なぜかいつも寒い時期に来ております。今回もご覧のとおりでして、とにかく寒かった!ピットガレージ内はパドック側からコース側にビュービュー風が吹き抜けるもんですから、熱いコーヒーばっかりすすってなんとか耐えました。

news57.jpg
今回宿泊したホテルは偶然にも先のF1でフェラーリチームが宿泊したところでした。ロビーにはこのような写真やらサイン入りの記念品が展示されております。

news60.jpg
スタート前にはドライバー交代の練習。今回我がチームは4名のドライバーを登録いたしましたが、カブレラ級の最強助っ人ドライバーを佐々木孝太選手にお願い致しました。ドライバー交代の動作やらルーティンの作戦などなど、スーパーGT直伝であります。その佐々木選手と一緒に今まさに練習の真っ最中であります。

news59.jpg
スタート進行が始まりまして、マシンがダミーグリッドに付く前にパチリ。こうやって見ると富士のストレートは圧巻であります。鈴鹿のメインストレートがちゃちに感じますな。このあと17番グリッドからローリングスタートいたしまして、スタートドライバーの佐々木選手が怒涛のポジションアップ、9位まで上がったところでドライバー交代、間もなく1回目の給油ピットインというところでエンジンがボン!バルブ周りのトラブルでして、ここはメカニックの意地にかけて修理を試みましたがシリンダーヘッドに致命的なダメージがあることが判明、残念ながらリタイヤと相成りました。残念ではありますがこれもレース、悔しい気持ちはまた来年のシリーズ戦で果たしましょう。この耐久レース、来年もまた開催されるかどうか不明ではありますが、耐久レースも面白い!特に一発の速さよりも全体の作戦が結果に大きく響くってことは理屈では分かってるんですが、実際に作戦を立ててみるとSCが入った時の対応など不測の事態が起きた時のことまで考えると難しいです。帰りは特に渋滞に巻き込まれることもなく無事鈴鹿に帰着いたしました。今日は半日ほど休みをもらいましたが明日からまた本業と43に精を出します(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GAS PEDAL

Author:GAS PEDAL
とにかく車とレースが大好きで、趣味も本業も車にドップリ浸かっている中年男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Making カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。